女でひげが濃いって地獄‥今どきの女性のひげ事情と正しい処理方法。原因は〇〇だった?

30代の半ばに

『なんかヒゲ濃いくない??』

って言われたトラウマがあります。

 

あれから10年ほど経ちましたが、更にヒゲが濃くなっている気がします。

 

女性なのにヒゲが濃いって地獄です。

 

友達に

『それはオッサン化って言うんだよ』

と言われました。

 

どうしてこんなにヒゲが濃くなるんでしょうか?

 

女性なのにヒゲが濃くなる理由

いつからかヒゲが濃くなっていた。

どうして??

 

その原因は、女性ホルモンバランスが乱れたせい。

女性ホルモンバランスが乱れて減少してしまうと、男性ホルモンが優位になります。

 

男性ホルモンがドンドン優位になると、噂の【オッサン化】です。

女性にとって男性ホルモンが優位になると、何一つ良いことはありません。

 

ヒゲが濃くなるのはもちろんですが、足や手のムダ毛も濃くなる。

髪の毛がパサパサ・ウネウネになり、最後は薄くなる。

 

くびれが無くなり、ずんどうになる。

 

これを諦めるとどうなるのか?

関西の怖いオバオッサンになります。

 

どうしてオッサン化してしまうと、髪型も変わったパーマにするんでしょうか?

 

女性ホルモンバランスが乱れてしまうのは、どうしてなのか?

色々と原因はあります。

  1. ストレス
  2. 食生活
  3. 睡眠の質
  4. 運動不足
  5. 過激なダイエット

などが考えられます。

 

ストレスと女性ホルモン

女性ホルモンが乱れる原因として一番考えられるのは、ストレスです。

ストレスを受けると自立神経が乱れます。

 

交感神経と副交感神経系のバランスもおかしくなります。

自立神経のバランスがおかしくなると、女性ホルモンの分泌バランスも乱れます。

 

自立神経がおかしくなるから、ダメだと思いながらも暴飲暴食をしてしまったり。

 

ストレスは女性にとって、人間にとって一番良くないもの。

今現在、ストレスを感じているなら早い対策が必要です。

 

食生活と女性ホルモン

食生活が欧米化したことも女性ホルモンのバランスを崩している要因の1つです。

肉食女子は特に注意が必要です。

 

動物性タンパク質は男性ホルモンの【テストステロン】の生成を活発化させる働きがあります。

あなたが焼き肉大好き女子なら、なお注意が必要です。

 

焼き肉に行くとニンニクもかかせない。

ニンニクも男性ホルモンをドンドン増殖させています。

 

そしてお酒が好きな女性は危険度MAXです。

アルコールも男性ホルモンのテストステロンの分泌を促進している要因の1つです。

 

思い当たるあなたは、オッサン化の進行を止める必要があります。

 

睡眠と女性ホルモン

睡眠の質が悪いと女性ホルモンバランス、自立神経のバランスが崩れます。

睡眠は非常に大切です。

 

人間にとって睡眠はかかせません。

 

日中に心地よく過ごし、グッスリと眠る。

この繰り返しが人間には必要です。

 

そして、寝ている時に成長ホルモン・美容ホルモンが分泌されます。

女性らしさは質の良い睡眠が作ってくれると言っても過言ではありません。

 

運動不足と女性ホルモン

運動不足と女性ホルモンも密接な関係があります。

女性にとって、やっかいな血流不足。

 

血流不足は冷え性の原因にもなりますし、女性ホルモンバランスや自立神経のバランスを乱す原因にもなります。

 

運動をすると心臓から送り出す血流の力が強くなります。

必要な栄養も血液とともに流れて届きます。

 

リンパの流れも良くなります。

 

軽い運動が質の良い睡眠を作ります。

適度な運動は人間にとって非常に大切なエッセンスになります。

 

過激なダイエットと女性ホルモン

ヒゲが濃くなった女性で、まだまだ若いのにって人も増えています。

20代30代でもオッサン化してしまっています。

 

それは、過激なダイエットが原因かもしれません。

 

過激なダイエットは自立神経を見出します。

もちろんですが、女性ホルモンのバランスもおかしくなります。

 

食生活も厳し目の制限をするので乱れます。

シッカリと食べていないので睡眠の質も下がります。

 

過激なダイエットは女性にとって何も良いことはありません。

 

このままいくと、後数年でオッサン化ではなくオッサンになるのでは??

そんな不安でいっぱいになります。

 

オッサン化を食い止める。

せめて、女性なのにヒゲは薄くしておきたい…

 

 

ヒゲ(産毛)の処理方法

ヒゲ(産毛)の処理方法は外部からの処理方法と内部からの予防に分けられます。

外部からの処理方法とは、ムダ毛処理のこと。

内部からの予防とは、食生活の改善や睡眠の質などです。

 

まずは、ヒゲ(産毛)の外部からの処理、ムダ毛処理の方法をご紹介します。

 

ヒゲ(産毛)のムダ毛処理

あなたは、今までヒゲ(産毛)の処理をどうしていましたか?

抜いていましたか?

剃っていましたか?

 

まず、ヒゲ(産毛)が目立つ場所は非常にお肌も弱い場所です。

抜くことはおすすめ出来ないのが正直なお話。

 

ヒゲは意外と毛根がシッカリとしているので、血が出たり炎症を起こす可能性もあります。

何度も繰り返し抜くことで、色素沈着を起こして黒ずんでしまうことも。

 

じゃあ、剃ればいいの?って思いますが、カミソリで剃ることも実はおすすめは出来ません。

 

カミソリで剃るのは毛穴から出ている場所だけです。

なので、数日でヒゲは目立ち始めます。

 

下手をすれば毎日処理をしないといけないなんて、非生産的なことになりかねません。

 

お肌を傷つけることもあり、色素沈着して黒ずんでしまう可能性も。

 

プロによる脱毛も選択肢にあります。

しかし、ヒゲ(産毛)で薄い毛は光脱毛やレーザー脱毛では施術が難しいといわれています。

ワックス脱毛やシュガーリング脱毛という施術もありますが、こちらは抜くことで毛包炎などのリスクも考えられます。

費用もそれなりにかかるので、なかなか手が出にくいのが現状です。

 

ヒゲ(産毛)の処理でおすすめなのは、抑毛クリームでムダ毛処理することです。

費用もお手軽でヒゲ(産毛)を処理する事を考えると安いくらいです。

剃ったり抜いたりすることによって起こる、お肌を傷つけるリスクも限りなく少ない。

 

ヒゲ(産毛)が濃くなり目立つのは女性ホルモンの低下が原因です。

そこに注目して作った抑毛クリームがノイスです。

 

まず、タンパク質分解酵素で古い角質や老廃物にアプローチします。

そして、女性ホルモンを補う作用がある大豆イソフラボンやエクオールで濃くならないようにします。

 

ザクロエキスやプエラリアエキスでお肌を労ります。

脱毛・抑毛でお肌が炎症しないように抑える効果のあるゴレンシ葉エキスやノイバラ果実エキスなども配合されています。

 

女性にとって嬉しいのがフェリニーブという成分です。

使い続けると美肌になる植物由来成分です。

 

なんか難しい成分名がいっぱい出てきましたが、簡単に言ってしまうとヒゲ(産毛)が濃くならないようにしてくれてお肌も労り美肌にしてくれるクリームです。

 

NOISU(ノイス)

 

公式サイトを見ると女性でヒゲ(産毛)に悩んでいる人って意外と多いことに安心感が(笑)

そして、その人達がリピートして悩みを解決していることにも安心感。

 

人それぞれスピードは違うかもしれませんが、何もしないより間違いなく良いと思うし。

カミソリや抜くことよりもお肌に優しいので。

 

敏感肌の人にも使えるって嬉しいです。

詳しい内容やキャンペーンについては下記をクリックして確認してください。

 

 

意外と目立つ女性のヒゲ。

ちゃんとしておきましょうね。