肌が老化?

聞くだけで恐ろしい話です…

 

しかし、現代人は昔の人に比べて肌老化が劇的に進んでいます。

かみやまかみやま

肌が老化してしまう、原因をまずはご紹介しますね。

 

肌老化 原因

肌が老化する一番の原因は?

紫外線?

食べ物?

ケア不足?

女性ホルモンの関係?

乾燥?

 

少し考えるだけで色々な原因が浮かんできます。

かみやまかみやま

肌が老化する一番の要因は光老化です。

 

肌老化の原因は紫外線

光老化とは紫外線などによるお肌へのダメージです。

*紫外線以外の可視光線も関係しています。*

 

この写真は最近ネットで話題になりました。

2012年の論文で発表されたあるトラック運転手の写真です。

25年間トラック運転手をしていた男性ですが、いつも左側ばかり紫外線を浴びた結果こうなりました。

まったく別人の顔になっています。

 

この男性の写真を見た学者さんたちは改めて紫外線がどれだけお肌に悪いのかを再認識したと言います。

かみやまかみやま

夏場はシッカリと紫外線を気にする女性は多いですが、紫外線予防は一年を通してする必要があります。

 

 

肌老化 食べ物

肌の老化で次に気をつけるポイントは、食べ物です。

お肌の【糖化】という言葉を聞いたことがありますか?

 

透明感のないお肌や口角が下がった人。

シワが目立ってきた人。

お肌のキメが粗くなった人。

角質層が暑く感じる人。

自分のお肌を見てくすんでいるって感じている人は、糖化が進んでいる可能性が高いです。

 

糖化と書いているように、糖がお肌のタンパク質と合わさってAGEs(最終糖化産物)というものに変わります。

これを糖化と言います。

 

お肌がコゲるイメージです。

食パンをイメージして貰えるとわかりやすいです。

食パンに砂糖を塗ってトースターで焼くとコゲます。

糖化したお肌はコゲる。

だから、透明感のないくすんだお肌になります。

 

糖化で作られたAGEs(最終糖化産物)をお肌は異物と判断して排除しようとします。

するとコラーゲンなどの配列【ラメラ構造】が崩れて破壊されてしまいます。

 

ラメラ構造が崩れると、女性のお肌にとって良いことは1つもありません。

シミ・くすみ・シワ・乾燥などのトラブルを引き起こします。

 

 

肌老化の改善方法

肌老化を改善したいなら大きく3つを意識する必要があります。

かみやまかみやま

1つは肌老化の原因の80%を占める、紫外線対策。

もう1つは食生活の改善。

最後はお肌のケア。

 

肌老化は中から外から同時に予防する必要があります。

 

紫外線対策を行うには、日焼け止めクリームを塗るだけより飲む日焼け止めも併用することをおすすめします。

 

日焼け止めは人によって効果が違います。

塗り直すタイミングも人によって違います。

塗りムラも出ます。

 

完璧に日焼け対策をしたつもりでも、意外と紫外線を受けています。

 

そこで飲む日焼け止めが有効な予防になります。

おすすめの飲む日焼け止めを選ぶポイントは、まずは成分です。

  • ニュートロックスサン
  • ファーンブロック
  • クコの実エキス

が飲む日焼け止めとして有効な成分とされています。

 

ニュートロックスサン配合と書かれている飲む日焼け止めは傘のマークが入っているかどうかを見てください。

傘のマークが入っているのは高配合の証です。

 

ファーンブロックはハーバード大学と光老化対策を研究する専門家チームにより安全性と有効性が裏付けされた成分です。

マヤ文明の時代では血液浄化剤として飲まれていたそうです。

 

クコの実エキスの中にはビタミンやポリフェノールがたくさん含まれています。

特に注目すべき点はビタミンC。

オレンジの100倍含まれています。

 

この3つのポイントをチェックして飲む日焼け止めを選びましょう。

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めを併用して肌老化の予防をしましょう。

 

飲む日焼け止めについては下記のページで詳しくご紹介しています。

クリックして内容を確認してください。

日焼け止めは飲む時代?最新の飲む日焼け止め人気ランキング2018

 

かみやまかみやま

食生活の改善は抗糖化成分を意識した食事を行います。

 

AGEs(最終糖化産物)を作らせない食べ物は

桜の花エキス、カモミール、ヤマブドウ、トウモロコシの髭、よもぎ、ヤマブドウ、オリーブの葉、ドクダミ、柿の葉などがおすすめです。

 

体の酸化も肌老化の原因になるのでビタミンB群・C・E、ペプチド、大豆イソフラボン、アサイー、ザクロエキス、ゴマリグナン、アスタキサンチン、コエンザイムQ10、リコピン、カテキンなどもおすすめします。

 

かみやまかみやま

抗糖化成分と抗酸化成分を合わせて取ると効果的です。

 

精製された砂糖や小麦粉などの白い物は控えたほうが良いです。

糖分を取るなら黒糖などがおすすめ。

 

また、食べる時は野菜から摂るように意識しましょう。

 

肌老化を改善する最後のケアはお肌ケアです。

肌老化によって崩れたラメラ構造を整えてやる必要があります。

引用元:FAITH

 

糖化で崩れたラメラ構造は乾燥やシミ・シワ・くすみの元です。

食生活の改善や紫外線対策だけでなく、ラメラ構造を整えてやる生コラーゲンがおすすめ。

 

今までのコラーゲンは分子量が大きすぎて体内に浸透させることが不可能でした。

それを角質層まで浸透させることが出来るようになったのが生コラーゲン。

引用元:FAITH

 

ラメラ構造を整えるために必要なところまで浸透させることができました。

 

生コラーゲンはナノカプセルに三重らせん構造のコラーゲンを巻き付けてラメラまで届けます。

引用元:FAITH

 

体内から体外からダブルで肌老化をケアしてやることで、透明感のあるシワのないシミのないくすみのないお肌を取り戻せる可能性が出てきます。

 

放置は肌老化をドンドン加速させるだけです。

生コラーゲンについてはこちらのページで詳しくご紹介しています。

気になる人は下記をクリックしてチェックしてください。

生コラーゲンって何?プリップリの肌は生コラーゲンの効果?話題のラメラ構造を整える方法!

 

肌老化遺伝子検査

自分のお肌のタイプに多少なりとも遺伝を感じたことはありますか?

 

母親が乾燥肌で自分も同じ乾燥肌。

父親がアレルギー体質で自分も同じくアレルギー体質。

 

編集長編集長

わたしが一番感じたのは母親はホクロがものすごく多い人。

そしてわたしも、ホクロが多い。

 

完全に遺伝だなって感じています。

 

自分がどれだけ肌老化のリスクがあるのか?

それを事前に知っておき肌老化の改善や予防に役立てることができます。

 

それが肌老化遺伝子検査です。

肌の老化リスク「遺伝子検査キット」

 

この検査をしておくメリットはスキンケアの対策を出来ること。

それも自分に合ったスキンケアが出来ます。

 

シミが出来やすい遺伝子なのか、シワが出来やすい遺伝子なのか。

自分が今後どんなお肌トラブルが予想されるのか分かると選ぶべきスキンケア商品が見えてきます。

 

かみやまかみやま

少し話は違いますが、ハリウッド女優のアンジーことアンジェリーナ・ジョリーさんは遺伝子検査の結果卵巣・卵管のがんになる確率が高いと分かり先に切除したそうです。

 

遺伝子治療先進国の欧米では遺伝子検査を行い先に予防する考えが浸透しています。

 

おわりに

お肌の老化。

自分の顔がシワクチャになることを想像するとゾッとしませんか?

 

下を向いた顔を鏡で見てビックリすることがあります。

10年後の自分の顔だと言われています。

 

上を向いた顔は10年前の顔です。

 

出来れば

『すごく若いですよね?』

っていつまでも言われたい。

 

そのためには肌老化を防止する必要があります。

編集長編集長

紫外線対策・食生活の改善・スキンケアの3つをバランスよく行ってください。