顔の産毛はどれくらいの距離で目立つ?

眉毛やまつ毛は顔の中でも目立つパーツ。

メイクをする時、眉毛とまつ毛は時間をかけてウンと綺麗にするけれど、産毛や他のムダ毛はどうですか?

なんとなくそのまま放置してないですか?

 

細く色素の薄い産毛って周りには気づかれているのか、いないのか、女性としてとっても気になるところですよね。

実はこの産毛、自分では大丈夫と思っていても、照明の加減や顔の近さによって、しっかり見られているのです

 

産毛が見える距離は、なんと約80cm

山田山田

顔の中で最も濃いと言われている口ひげは、1m離れていても気になると言う男性の意見もあるんだとか。

 

カフェテーブルや、仕事の打ち合わせでは相手との距離が1m以内になる事が多いですし、デートではさらに接近するので、彼に顔のムダ毛を見られているかもしれません。

 

男性は、女性には常に綺麗でいてほしいと言う願望があります。

可愛らしく、綺麗で清潔感のある女性が、自分の彼女や奥さんであれば尚更良いですよね。

 

子育てや仕事が忙しいと自分のお手入れが後回しになりがちですが、せめてムダ毛はキチンと処理して清潔感をキープしましょうね。

顔のムダ毛、どのパーツが幻滅する?

成人男性の約50%の方が、女性のムダ毛に幻滅したことがあると言う結果が出ています。

男性は女性が思う以上にロマンチスト。

 

ムダ毛が原因で、気分が急にテンションが盛り下がってしまったと言う声も少なくありません。

 

ボサボサの眉毛

ここ最近の眉メイクは、ナチュラルで太めの眉が人気。

薄メイクでも顔が華やかになり、目も大きく見えるので太眉派の女性も多いのではないでしょうか。

 

しかし、一歩間違えると田舎臭いボーボー眉毛に!

30歳を越すと、ちょっぴり細めのアーチ眉の方が品があり綺麗です。

 

長すぎる毛はきちんとカットし、眉下のムダ毛は整えるのがおすすめです。

 

1本だけ出ている鼻毛

ムダ毛の中でも特に恥ずかしいのが鼻毛です。

若い頃から鼻毛なんて気にしたことなかったから、と高を括っていてはいけません。

実は老化が進むに従って、鼻毛は伸びやすくなるのです。

 

理由は毛穴のたるみ。

小さくまぁるい毛穴が、老化と共に楕円形に垂れ下がっり、毛が生える向きも下方向に変わるからです。

 

鼻毛は指摘がしづらいところなので、誰も教えてくれないことが多いですよね。

恥ずかしい思いをしない為にも、日頃から鼻毛チェックは必須です。

 

びっしり生えた口ひげ

男性はもちろん同性であっても、近くにいる女性の口元にひげを発見してしまっては、気になって話も上の空になってしまいます。

 

リップメイクを綺麗に行っても、目線は口ひげでは残念すぎます。

女子力の低さを象徴してしまう口ひげは、一刻も早い処理をおすすめします。

 

自分でも気づきにくいあごや首元の長いムダ毛

過度なストレスや不規則な生活で、自律神経やホルモンバランスが乱れ、びっくりするところにムダ毛が生えてしまう事があるんです。

 

のどぼとけに1本、産毛とは呼べないしっかりした毛が生えたり、あごに数本長いムダ毛が生える場合があります。

 

ストレスフルな生活をしている現代人は、男性ホルモンが優位になり、自分で気づきにくい場所に濃い毛が生える事があるので、注意が必要です。

 

顔の脱毛を行うメリット

お顔のムダ毛処理は、見た目を綺麗にするだけではなく、いろんなメリットがあります。

いつもより垢抜けた肌になりたい方は是非毛のお手入れを始めて下さい。

 

くすみが取れる

顔の毛の本数は意外に多く、なんと1万本以上!実に脇の毛の約10倍です。

肌を拡大して見てみると、頬やおでこにベルベットのようにびっしりと産毛が生えそろっています。

 

この産毛がすべてなくなると、それだけでお顔が明るくなり色白に見えるんです。

疲れていないのに顔色が悪く見られたり、血色が悪く見られる方は毛の処理をするだけで解消する場合がありますよ。

 

スキンケアの効果が上がる

産毛があると、化粧水や美容液の浸透を妨げてしまう事があり、せっかくのお手入れの効果が下がってしまいます。

スキンケアは、朝と夜の毎日行うお手入れだからこそ、効率よく行いたいもの。

 

浸透率の良い高い化粧品を買う前に、脱毛を行ってスキンケアの浸透力を高めましょう。

 

化粧ノリが各段に良くなる

ファンデーションや日焼け止めと肌の間に産毛があると、密着力が弱くなり化粧が崩れやすくなってしまいます。

年齢を重ねると、少し疲れただけで、翌朝の化粧ノリもなんだかいまいちになりませんか?

 

寝不足やストレスが肌にテキメンに出るアラサーは、土台をどれだけ作りこめるかが化粧ノリアップの鍵。

ファンデーションが肌にピタッと吸着する感触は、やみつきになる程気持ちいいものですよ。

 

顔が引き締まる

顔が小さく引き締まって見えるには、もみあげの効果が大きいのはご存知ですか?

アップにした時にもみあげが整っていると、スッとシャープな横顔に見えるんです。

 

ただお手入れが出来てないもみあげだと、女性らしさにかけ、綺麗にメイクをしていてもなんとなく残念な印象になってしまいます。

 

自宅で簡単に脱毛できる

背中やアンダーヘア等は、自宅でセルフで行うには難しい場所です。

しかしお顔は鏡を見て行えるので、不器用な方でも簡単に自己処理が可能です。

 

正しい知識を持って処理を行えば、サロン帰りのような透明感のあるツルツルなお肌が手に入ります。

 

顔脱毛を自宅で行う方法

顔脱毛を自宅で行うには、いくつか方法があります。

それぞれメリットとデメリットがあるので、ご自身の肌質とお悩みに合わせて選んでみて下さいね。

 

かみそり

自宅で簡単に毛を処理する時の大定番のかみそり。

産毛まで丁寧に取り除くことが出来ます。

コンビニや100円ショップ等でも売られていて安価なので、誰もが手を出しやすいアイテムです。

 

しかしかみそりは摩擦が強く、お手入れ箇所が乾燥しやすくなります

肌がデリケートな時期や荒れている時は、避けた方が無難です。

 

電気シェーバー

かみそりのように、刃が直接肌につかずに脱毛でき、敏感肌の方お肌に負担をかけたくさい人におすすめの方法です。

もともと顔のムダ毛を処理する用に作られているので、細かいパーツの脱毛もきちんと出来ます。

 

ワックス脱毛

ワックスを固めて剥がす、ハードタイプのワックス脱毛は、顔の産毛も綺麗に除去する事が出来る上に、古い角質も取り去ってくれるので美肌効果の高い脱毛方法です。

 

しかし、ワックス脱毛はある程度の技術がないと、肌トラブルを招いてしまいます

どうしても自宅で行いたい方は、スクールを受講してワックス脱毛のイロハを学ぶことをおすすめします。

 

シュガーリング脱毛

ワックス脱毛と非常に似ています。

お砂糖などの天然成分ベースのペーストをつけて剥がす方法。

クレオパトラもシュガーリング脱毛をしていたという話があるほどです。

 

水溶性なので、お肌の角質を必要以上に取らないというメリットがあります。

 

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は痛いイメージがありますが、最近では痛みや熱さが軽減され使いやすくなっているもとが多いです。

 

1度購入してしまえば何度も使う事が出来ますし、繰り返し使用する事で毛質が少しずつ変化してくるのが分かります。

初期費用に少々かかりますが、持っておいて損はないでしょう。

糸脱毛

糸で毛を巻き込んで抜く、台湾の伝統的な脱毛方法です。

眉毛や口ひげはもちろん、頬の産毛にも効果があります。

 

糸1本あれば出来るので、お金もかかりません

最初は難しく感じますが、すぐに慣れる方が多いです。

 

中国では、結婚前に既婚女性から糸脱毛の施術を受けると、幸せな結婚生活が送る事が出来るとして、伝えられていました。

結婚運を上げたい方は、是非試してみてはいかがでしょうか。

 

顔脱毛の仕上がりを綺麗にするポイント

脱毛の仕上がりを最大限に美しくするには、少しの手間が必要です。

せっかくムダ毛がなくなったのに、肌が荒れていては台無しです。

 

保湿

女性ならお顔のお手入れとして、朝夜の保湿は行っていますよね。

脱毛日を決めたら、3日前から保湿はいつもよりしっかりぎみに。

顔の脱毛をするなら、どんな方法であっても保湿は必ず行って下さい。

 

乾燥した肌にカミソリ等を使ってしまうと、触り心地はガサガサ、見た目もボロボロの最悪なお肌に!

間違った方法や、準備不足だと肌の表面に傷がつき、肌老化が進んでしまいます

 

日焼け

日焼けをした肌は、軽い火傷状態。

そんな状態の肌に脱毛と言う刺激のあるお手入れは避けるべきですよね。

 

肌が敏感になっている脱毛後の日焼けにも要注意

いつもより炎症しやすく、赤みが残ったり乾燥が進んだりしてしまいます。

脱毛後2~3日は、なるべく直射日光を避ける事をおすすめします。

 

日に焼けてしまった場合に備えて、冷蔵庫に化粧水やパックを冷やしておくと、すぐに鎮静が出来て便利です。

 

顔脱毛を行う時の注意点

顔の脱毛をしたら、なんだか痒いし赤みがひかない。

ニキビが出来やすくなった。

なんて経験はありませんか?

 

脱毛後の過ごし方によっては、肌トラブルに繋がる場合があるんです。

 

お風呂での脱毛

ムダ毛のお手入れは後処理が面倒。

シャワーでさっと流せるからとお風呂場で処理を行う人もいますよね。

 

しかしお風呂場は雑菌が繁殖しやすいところ。

脱毛後は、肌がどうしてもデリケートになるので、肌荒れの原因になってしまいます。

 

またボディーソープを使ってカミソリをする方も要注意。

ボディーソープは、香料や着色料が添加されている事が多く、傷ついた皮膚からそれらの添加物が侵入してしまいます

 

カミソリの場合は、肌が濡れていると言うだけで、角質を余分に落としてしまい、普通肌も敏感な肌タイプに変えてしまいます。

 

温泉やスポーツ

脱毛後の肌は、毛穴が一時的に広がっている場合や、皮膚に細かな傷がついている場合があります。

脱毛による毛穴の広がりは、2日程で徐々に元に戻りますが、この間に身体を温めてしまうと、閉じかけた毛穴が再度広がってしまいます。

 

脱毛当日の入浴は控え、ホットヨガや、岩盤浴など身体を温める行為は避けましょう。

また温泉やプール等、不特定多数の人が集まるところでは雑菌に負けてしまう場合もあります。

 

飲酒

脱毛後の刺激に敏感になっているお肌は、飲酒による身体の火照りにも要注意です。

血行が良くなり、脱毛箇所が痒くなってしまいます。

毛穴が赤く炎症することも考えられます。

 

意識がしっかりしている内は、コットンパックをして鎮静できますが、そのまま眠ってしまうと無意識のうちに掻いてしまいます。

朝起きた時に顔が傷だらけでびっくりしないように、アルコールは控えましょう。

 

自宅で顔のムダ毛ケアを行うプロセス

お顔のムダ毛処理、なんとなく適当に行っていませんか?

生理前や季節の変わり目等で肌が敏感な時期だと、間違ったお手入れで肌が荒れる事があります。

 

今さら聞けない基本的な方法をしっかりマスターして、ツルツル肌になりましょう。

 

かみそり

かみそりで脱毛する前には、肌と毛を柔らかくしておくと、かみそりによって出来る肌への細かな傷が、最小限に抑えられます。

柔らかくするには、水分をたっぷりと含ます事。

 

お風呂では蒸気のおかげで肌もしっとりしますが、もっと高い効果を望むなら入浴中の乳液パックを試してみてはいかがですか?

湯船につかりながら、乳液をいつもよりたっぷりと肌に伸ばし、上からシートパックをのせてみて。

 

お風呂上りの肌は、むっちりとした水分をたっぷりと含んだ肌に変わっています

凹凸のないツルンとした肌は、カミソリの滑りもいいですよ。

 

かみそりを使う手順はこちら。

  1. 乳液やクリームを塗って、肌を保護します。
  2. 生え際の下1cmと眉毛の上1cmを残して、上から下に向けておでこを剃ります。クリームをかみそりで拭うようにそっと刃を滑らします。
  3. 左手で皮膚を引っ張りテンションをかけながら、眉毛の下を剃ります。
  4. 目の下~頬の下に向かって剃ります。
  5. 左手でテンションをかけながら、フェイスラインを剃ります。フェイスラインは骨によるカーブが強いところなので、しっかり左手を添えて慎重に進めます。

  6. 鼻の下は、口の中に空気を入れて膨らませながら行うと剃りやすいです。
  7. 左手で左小鼻を右に倒して剃り、逆も同様に行います。
  8. あごは、下から唇の方に向けて剃っていきます。

 

シェーバー

シェーバーは、基本的にはカミソリと使いかたは同じですが、カミソリよりも浅剃りの為伸びが早いのが難点。

しかし、刃で皮膚を傷つける事のないシェーバーは、美肌を目指す方には人気です。

 

抑毛ローションと一緒に使えば、毛が伸びやすいと言うデメリットも解消できます

抑毛ローションには即効性がないので、長い目を見て使い続ける必要があります。

 

顔に使っても安心な優しいローションが増えているので、ツルツル肌を長い時間楽しみたい方におすすめですよ。

 

脱毛テープ

鼻下の濃いムダ毛は、シェーバーやかみそりでの処理ではすぐに伸びてしまいます。

市販の脱毛テープで毛の根本から脱毛する事で、ツルツル期間を長く楽しめます

 

脱毛テープは、ある程度毛の長さがないと抜けづらくなるので、しっかり伸ばせる方は試してみて下さい。

 

  1. 脱毛したい箇所の毛を伸ばします。
  2. 顔を洗い清潔な状態にします。
  3. 蒸しタオルや入浴で毛穴を開かせます。
  4. シートを毛の流れに沿って貼ります。空気が入らないように注意します。
  5. 毛の流れとは逆にシートを剥がします。左手で皮膚を抑えテンションをかけ、右手で勢いよく剥がします。ゆっくり剥がすと毛がぬけないので気をつけましょう。
  6. 赤みが強いようなら、保冷剤をハンカチで巻いて赤くなっている箇所を冷やします。

 

顔脱毛におすすめのアイテム

キャンL型 かみそり

かわいいクリアカラーの3色セットです。

刃には肌を痛めないようにくし目状のフィルムガードがついています。プチプラなので、どんどん新しいものに変えて使えます。

毎回新しいかみそりで顔のムダ毛処理を行うのが理想ですが、最長でも3回に1回は新しいものに交換するのがおすすめ。

 

 

Panasonicフェリエ フェイス用 ES-WF61 シェーバー

顔用のシェーバーと言えばパナソニックが優秀。

石鹸やローションなしで使える手軽さと、makeの上からでも使える便利さが人気の理由です。

丸い刃先で肌を傷付ける事なくお手入れが出来ます。

 

肌のカーブや凹凸に合わせてヘッドが傾いてくれるので、不器用さんでも安心です。

 

ブラウンフェイス SE810 脱毛機器

家庭で使える脱毛器でこれ程コンパクトなものは珍しく、手軽に使えるのが嬉しいアイテムです。

0.02mmの短い産毛もしっかりキャッチし最長で4週間ツルツルの肌を楽しめます。

 

なんと洗顔ブラシもセットになっており、毛穴の奥の汚れをかきだすディープクレンジングも可能。

ムダ毛と汚れのダブルお手入れで、くすみのない透明感のあるお肌を手に入れる事ができますよ。

 

メルティーヴィーナス 石鹸

間違った自己処理でお肌にプツプツが出来たり、赤みがひかない等のトラブルになっていませんか?

敏感になっている弱った肌を、強く元気な肌にするには、土台作りが大切です。

 

防腐剤や合成着色料の使用がなく、プラセンタやヒアルロン酸エキスがたっぷり入った石鹸でお肌をしっとりなめらかに洗い上げてくれます。

毛の発育を抑える効果もあるので、毎日の洗顔に使ってみて下さい。

 

Veet 顔用ワックスシート 敏感肌用

毛が太いタイプの方は、かみそりやシェーバーで処理をすると毛穴が広がったように、黒ずみがあるように見えてしまいます。

ワックスシートでは、毛の根本から抜き去る事ができるので、処理後の黒いポツポツが解消できます。

脱毛後は、冷やした化粧水でよく冷やし、毛穴を引き締めて下さいね。

 

NOOISU イノセンスクリアセラム クリーム

脱毛サロンに毎月通うのはめんどくさいけど、クリームを朝晩のお手入れにプラスするのは簡単♪

手軽に徐々に毛を薄くできるアイテムです。

使い方次第で効果を感じやすいので、ポイントをしっかり守りましょう。

 

クリームの浸透力を高める為に、カミソリ等で毛の処理をしてから塗る事、洗顔後お化粧水前に塗る事、手を温めてから塗る事を守って下さいね。

週1回は、カミソリで自己処理をしていたと言う方が、クリームを使い続ける事で月1回の処理で済むなんて方も。

お肌への負担や乾燥が減少するので、化粧ノリもよくなりますよ。

 

ゴールドゲルパック

乾燥肌の方も安心して使える、保湿成分がたっぷりと入ったパック状の脱毛アイテム。

産毛だけでなく、古い角質や角栓もごっそりと取れてしまいます。お肌もモッチモチのツルツルです。

金やプロポリス配合が嬉しいですね。

 

GOSSO 鼻毛ワックス

女性にとって、鼻毛が飛び出ている程恥ずかしい事はありません。

 

煙が立ち込める調理場や、外仕事をしている女性は要注意。

外からの煙やホコリから守ろうとして鼻毛が伸びやすくなっています。

 

タバコを吸う女性も、鼻毛には気を付けた方がよさそうです。

鼻毛カッターで切るよりも、鼻の穴周辺を一気に綺麗にできるワックスが使い勝手が良く、簡単です。

 

鼻の側面を押さえ勢いよく真下に引っ張れば、痛みもなく綺麗に抜けますよ。

 

脱毛で垢抜け顔になろう

ここ最近の流行りメイクは、作りこみない素肌感。

ナチュラルなメイクだと、本来の肌の綺麗さが際立ちます。

 

顔の産毛を処理すると、お人形さんのようなツルンとしたになり、とっても魅力的。

プロの手を借りてサロンで脱毛すると仕上がりが格段に変わります。

 

特に眉毛の周りは専用サロンで施術してもらうこと。

 

眉の周りの脱毛だけでなく、自分の骨格に合った眉毛を作ってくれるので、どんな方でも美人になれちゃいます。

 

人気の脱毛サロンをご紹介しておきます。

産毛脱毛に定評のスラッシュの顔脱毛。

他のサロンでしていない、おでこ・眉間・小鼻の脱毛までしてくれるので人気です。

詳しい内容やキャンペーン内容は下記をクリックして確認してください。

海外から浸透したワックス脱毛も人気の脱毛方法のひとつです。

 

毛の根本からしかりと抜き取ってくれるので、かみそりやシェービングに比べ、ツルツルの期間を長く楽しむ事ができますよ。

毛根から毛がなくなると、毛穴のひとつひとつを引き締めやすくなり、キュッと小顔にも見えるんです!

 

サロンでケアを行う時も、毎日の保湿はしっかり行いましょう。