頭皮環境が悪いと抜け毛が増えるという話を聞いたことがありませんか?

 

頭皮環境や腸内環境といった〇〇環境という言葉が最近はよく耳にします。

環境が良くないと、ちゃんと育ちません。

 

野菜が大きく育つには、育つ環境が必要です。

それと同様に髪の毛が育つには髪の毛が育つ環境が必要です。

 

悪環境ではやせ細った髪の毛しか育ちません。

 

頭皮環境

実際に髪を健やかに保つために何をすべきか、

という実践編に入ります。

 

結論からいうと、

イキイキとした髪を育てるために大切なのは、

頭皮環境を整えることです。

 

頭皮は土壌のようなもの。

肥沃な土壌には立派な植物が育ちますが、

やせた土地ではひ弱な植物しか育ちませんよね。

 

頭皮と髪もこれと同じ。

 

かみのかみの

では、頭皮環境を整えるにはどうすればいいのでしょうか?

 

髪も細胞からなり、

必要な栄養素や酸素がたっぷりと行き渡るようにしなければ、

細胞分裂は滞り髪は丈夫に育っていきません。

 

細胞に栄養素や酸素を運んでくれるのが血液です。

 

かみやまかみやま

つまり、

血行をよくすることが頭皮環境を整える第一歩になります。

 

また、頭皮が汚れていたり、

毛穴に余分な皮脂がつまっていたり、

保湿が十分でないことも頭皮への負担になります。

 

 

雑草が生えていたり、

水分不足だったりでは植物は育ちません。

 

 

頭皮を清潔に保ち、

適度に保湿してあげることも

頭皮環境をよくすることになります。

シャンプーは頭皮の状態にあわせて選びます

女性の薄毛や抜け毛が気になり始めたときに、

ほとんどの人が最初に取り組むのが、シャンプー選び。

 

「髪のボリュームが気になる人へ」

「コシやハリをよみがえらせる」

など、キャッチコピーにひかれてシャンプーを購入する人は多いはずです。

 

 

ただし、基本的にシャンプー類には発毛を促すだけの効果は期待できません。

 

 

シャンプー剤は大きく3つのタイプにわけられますが、

ポイントは頭皮にあったものを選ぶこと。

 

いくら髪の毛の指通りがよくなるシャンプーを使っても、

頭皮の状態が悪くなればかえるべきです。

 

初めてのシャンプーを使うときは、

小さいボトルを購入し頭皮にあうかを確認してください。

 

シャンプーが頭皮にあっているかは、

シャンプー後に頭皮が乾燥にも

オイリーにも傾かない状態を保てるかで判断します。

 

 

このほか、

かゆみがでた、

フケが多くなったという変化があれば、

頭皮に負担をかけているサイン。

 

ロングの人がショートにすると、

従来のシャンプーがあわなくなるということもあるので、

シャンプーの使用感には敏感に反応してください。

 

シャンプーはスキンケアだと心得て

シャンプーは

〃髪を洗う〃

のではなく、

皮膚である〃頭皮を洗う〃ものです。

 

頭皮は新陳代謝が盛んで、

皮脂分泌や汗腺の働きも活発です。

 

かみのかみの

頭皮の汚れや皮脂を落として清潔に保つ!

 

これがシャンプーの本来の目的です。

 

髪の毛の汚れは、

お湯で洗い流すだけで多くは落ちるといわれていますから、

シャンプーをつけてからはゴシゴシ洗う必要はありません。

 

洗い方に気をつけて正しくシャンプーをすることが、

頭皮を健やかに保つことになるのです。

実際、女性の薄毛や抜け毛に悩む女性に多いのが、

髪の毛の洗い過ぎです。

 

洗い過ぎると乾燥してフケがでやすくなります。

 

また、

保護膜として働く皮脂をとり過ぎてしまうことになり、

かえって脂っぽくなります。

 

それが気持ち悪いとさらに洗ってしまう。。。

という悪いサイクルに陥ってしまうのです。

 

これでは逆に抜け毛の原因を

つくってしまっているようなものです。

 

まとめ

頭皮はお肌。

潤いを大事にすること。

 

潤いを保つには頭皮環境がどういう状態なのかを知ることが大切です。

 

頭皮環境が荒れているなら、整えてやる必要があります。

 

頭皮環境を改善するには一番最初にシャンプーなどのヘアケア製品を見直す必要があります。

 

抜け毛予防で悩んでいる人は、下記の記事を参考にしてください。

抜け毛の予防に良いシャンプーベスト3プラス1!女性に人気でおすすめを厳選!