更年期障害に悩まされていると、とにかく何でも良いから楽になりたいと思いませんか?

ただ、キツい薬を飲み続けるのも嫌な気持ちになります。

そこで、漢方やサプリメントが今注目されています。

漢方やサプリメントは、飲み続けていても副作用が少ないとされているので、安心できます。

 

更年期年齢を幅広くとらえる

更年期は、
何歳ごろからはじまって
何歳ごろまで続くのでしょうか。

 
日本の女性が閉経を迎える
平均年齢は50歳なので、
一般にはその前後の10年間。
 
つまり45歳から55歳を
「更年期」といっています。
 
ただしこれはおおよその目安です。
 
実際には個人差が非常に大きくて、
日十い人では40代前半で閉経になる人もいます。
 
日本人女性の平均寿命が85歳まで延びて、
閉経後の人生が30年以上もある現在では、
更年期の対象年齢を45歳~65歳くらいまで
広げたほうがいいのではないかという考えがあります。
 
実際、
現在の更年期治療は
65歳くらいまでの人を
視野に入れて行われています。

 
ですから、
更年期が遅く訪れた人も
「この年で更年期だなんて恥ずかしい」
などと思わないでください。
 
気になる不調を
「もう年だから」ということで片付けないで、
 
ぜひ婦人科を受診してください。
 

生理周期の乱れで、更年期に気づく

多くの人は、
「そろそろ史年間に人りますよ」
というからだからのサインがあります。
 
それが生理の乱れです。
 
卵巣機能が低下すると、
それまで28日周期できちんと生理が必れていた人でも、
2週間もたたないうちに次の生理がきたり、
逆に遅れがちになったりします。
 
生理の間隔がばらばらで、
次の生理の予測が立たず、
不意に訪れた生理にあわてることも
少なくありません。
 
また生理の持続日数にも変化があり、
2、3日で終わるなど日数が短くなったり、
10日あるいは2週間も生理血がだらだらと続いたり。
 
この両方のパターンが、
入れ替わり立ち替わりに
やってくる人もいます。
 
生理血の量も少なくなる人、
増える人がいます。
 
このように生理が乱れて、
しだいに生理の間隔が遠のいていき
閉経を迎えます。
 
生理不順になってから
閉経までの期間も一様ではありません。
 
 
生理不順が2、3年続いて生理を迎える人、
1年くらいの人、
中には、あるとき突然生理がなくなって
閉経を迎える人もいます。

 
いずれにしても40代半ばになって、
生理周期が乱れたり、
日数や出血量が以前と違うと感じたら、
そろそろ吏年期に人ったと考えて、
まず間迎いありません。
注意したいのはこの時期、
生理不剛による出血だと思っていたら、
その背後に子宮筋腫、甲状腺などの病気が
隠れていたということがあること。
 
更年期は、
婦人科系など、
さまざまな病気も出てきます。
 
生理が乱れてきたら
病気の有無をチェックするためにも
婦人科を受診しましょう。
 
生理不順が更年期によるものであれば、
閉経までの間は
低用量ピルをじょうずに使うなどして、
更年期特有の症状に
早めに対処することもできます。

 

強い薬を使わずに漢方やサプリメントでケアをするという考えも一つの方法です。

あなたに合う漢方やサプリメントをご紹介していきますね。

更年期障害の薬

更年期障害の治療方法はホルモン補填療法、漢方薬、抗うつ薬などの薬物療法です。

 

薬の種類と内容

 

ホルモン補填療法【HRT】

使用するのは、エストロゲンを補充します。

一緒にプロゲステロンという、黄体ホルモンも投与したりします。

どちらも、女性ホルモンで少なくなったのを補填する考え方です。

保険適用なので、費用負担も少なく治療が可能です。

【HRT】が効くのは

のぼせ・ほてる・発汗などの血管系の症状。

動悸や物忘れなどの、自律神経のバランス。

骨粗しょう症の予防と生殖器系の炎症予防です。

 

抗うつ薬・抗不安薬

精神症状が辛いときは、抗うつ薬・抗不安薬を使用します。

こちらは、カウンセリングも一緒に受けると効果的です。

漢方薬

  • まだ初期症状で薬まではと感じている方
  • 上記のホルモン補填療法や抗うつ薬・抗不安薬が合わない方

そういう人は、漢方薬で改善をはかることが出来ます。

漢方薬が合う人は、複数症状が改善されたりします。

ただし合わない人は、改善が感じられない人もいます。

もっと詳しく

 

サプリメント

薬や漢方薬が合わない人は、サプリメントで少なくなった栄養素を補って症状の緩和・改善をはかります。

更年期障害の症状は女性ホルモンの分泌量が減少したことによる作用が大きく関わっています。

その、女性ホルモンのバランスを整えるようり足りなくなった栄養素を補い改善します。

飲む日焼け止め サプリメント

 

更年期障害をサプリメントでケア

薬を飲まないでなんとか更年期障害を改善したいと思う人にはサプリメントがおすすめです。

更年期障害の症状は、女性ホルモンの分泌が減少することが非常に大きく関わっています。

足りなくなった女性ホルモンの替わりとなる栄養素をサプリメントで補うことで、症状の緩和をはかります。

どうしても、ホルモン補填療法や薬などが合わない人はサプリメントで試してみるのをおすすめします。

 

どんな人がサプリメントが合うのか

  • ホルモン補填療法が合わない人
  • 薬は飲みたくない人
  • 漢方薬を試したが効果がない人
  • 症状がまだ軽く通院のレベルではない人

漢方薬を飲んでも効果が見られない人はサプリメントで改善がみられることも大いにあります。

神木麗神木麗

一番自分に合う方法を見つけてくださいね

 

効果的なサプリメントの成分

自分の辛い症状に合う成分を含んだサプリメントで改善をしましょう。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンとエストロゲン【女性ホルモン】は非常に似ている化学構造をしています。

閉経による女性ホルモンの分泌量の激減が更年期障害の大きな要因です。

その少なくなった女性ホルモンの替わりを大豆イソフラボンにして貰います。

 

エクオール

大豆イソフラボンの中でもスーパーイソフラボンと言われるものが今注目されています。

エクオールは体内で作られる成分です。

しかし、日本人の半数しか生成されません。

エクオールは腸内細菌によって代謝された大豆イソフラボンが変化したものです。

大豆イソフラボンの中でも一番大事な成分というのが最近判明したようです。

エストロゲンの減少による、女性の肌トラブルや薄毛のトラブルにも非常に有効な成分だと言われています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓希少な馬プラセンタのサプリメントです。↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【送料無料】大豆イソフラボン イソラコンお試しパック1,980円で更年期を幸せいっぱいの”幸年輝”へ

 

葉酸

代謝の促進と動脈硬化の予防に良いと言われています。

更年期になると、女性ホルモンが減少し血中のコレステロールが増加し、血流が悪くなります。

女性ホルモンがホモシステインという血流悪化する成分を抑制していました。

葉酸は、ホモシステインと結合してメチオニンという成分に変化。

血中のコレステロールをを下げて血流を良くしてくれます。

血流がよくなると、冷え性や肩こりの改善が見込まれます。

代謝が良くなるので肥満防止にもつながります。

 

プラセンタ

更年期障害の治療薬にも使用されているプラセンタ。

プラセンタとは哺乳類の胎盤から有効成分を抽出。

胎盤エキスのことで、アミノ酸やタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素など。

新陳代謝を促す栄養素が豊富に含まれています。

中でも、馬プラセンタは希少です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓希少な馬プラセンタのサプリメントです。↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【母の滴】母の滴サラブレッド100

 

ビタミンB1

ストレス対策に有効なのがビタミンB1。

ビタミンB1の効果をよりよくするには、ニンニクと一緒にとること。

ニンニクに含まれる、アリシンがビタミンB1の吸収を促進します。

サプリメントで摂取するときはビタミンB1とアリシンを一緒に取れれば、より効果的です。

 

ビタミンD

女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、骨量の低下を招きます。

 

ポリフェノール

大豆イソフラボンと似た作用のあるポリフェノールの一種の亜麻リグナンという植物成分は、更年期障害や骨粗しょう症、コレステロールの上昇を抑えてくれます。

また、種子ポリフェノールは活性酵素を取り除いてくれる作用があり、老化の進行を抑えてくれます。

美容効果などが期待できます。

 

ザクロ

ザクロはエストロゲン様物質のエストロンが含まれています。

女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

 

ギャバ

ギャバはアミノ酸の一種です。

副交感神経を活発にして、脳の興奮を抑えてくれます。

気持ちを落ち着かせる効果があり、イライラや不安感などの精神症状を和らげる効果があります。

 

おわりに

更年期障害とは上手く付き合う事が大切です。

合わない薬を無理やり続けていても、ストレスがたまるだけ。

あなたに合うサプリメントや漢方薬を探して、ストレスのない日々を送りましょう。