大人女子限定!自分を見つめ直してReスタート!女の極上ひとり旅

毎日頑張っている自分にご褒美する旅なんてどうでしょうか?

 

誰かに気をつかうのではなく自由気ままに、張りつめた気持ちから解き放つひとり旅にでかけてみませんか?

 

仕事を始めた頃は「失敗なんて笑顔でカバー!」なんて時代もあったのに、気づいたらすっかり周りに頼られる存在で。

 

自分だって泣きだしたいよって思う時もありますよね。

 

ストレス発散の友達との定例会。

 

未婚で子持ち限定になってくるとおのずとメンバーも同じで、話す内容も毎回同じ。

 

楽しいひとときで気持ちにチャージしてもすぐに底が見えてくる。

 

こんな時は、ちょっとひとりで旅にでかけてみませんか?

 

旅先という非日常が、色んなストレスから解放されるとともにひとりで旅をすることで自分と対話する時間がうまれます。

 

今回は、毎日頑張っている人へ自分と向き合うひとり旅をご提案します。

 

ひとり旅を楽しむ極意!

女友達・姉妹・母娘などなど女子旅には様々なタイプがありますが、「ひとり旅」と決定的に違う点は目的が違います。

 

誰かと一緒にいく旅は、「あれが観たい」「これが食べたい」とより具体的な旅の目的が中心になります。

 

でもひとり旅の目的はストレス発散という点では同じですが、最大の目的は「自分再発見!」です。

 

自分を見つめ直す「ひとり旅」。

 

旅先選びのポイントは、心地いい時間を自然体で過ごせる空間に絞るといいのではないでしょうか。

 

決して、豪華である必要はありません。

 

例えば絵画鑑賞が好きというよりも美術館の静かでゆったり流れる空間が好きな人は、美術館のすぐそばの街を選んでみてはいかかでしょうか。

 

また幼い頃、テレビのCMで観たあの景色がずっと心に残っている人は、思い気行ってその風景に出会いに出掛けてみてはいかがでしょうか?

 

「ひとり旅」の極意は、誰にも気兼ねせず自分らしく過ごすことが大切です。

 

「ひとり旅」でおすすめの温泉を楽しむ方法

とにかく凝り固まった心と体をどうにかしたい!

 

そんな時、日本人がまっさきに思い付くのは温泉ですよね。

 

ひとり旅で温泉を楽しむ方法には2種類あるのでご紹介します。

 

温泉を女ひとりで楽しむなら温泉宿に宿泊する方法と、日帰り温泉を利用する方法です。

 

日帰り温泉を利用する場合、施設によっては宿泊客が利用しない時間帯が指定されていることが多いです。

 

温泉は、比較的空いてはいますが女性ひとりでその時間帯を利用する場合は注意が必要です。

 

特に秘境とよばれる場所の温泉の場合、簡易の脱衣所しかない場合も多いので充分ご注意下さい。

 

湯めぐりが楽しめる草津や城崎といった人気の温泉地だと人が多いので、女性として安心は出来ます。

 

しかし身も心も解き放つという点では、混雑している温泉だと少しパワーが足りないかもしれません。

 

そんな時におすすめしたいのが、昔から湯治としても栄えてきた温泉地が理想的です

 

群馬県にある「万座温泉」がその1つで上信高原国立公園内の温泉郷をご紹介します。

 

硫黄の匂いが漂っているので温泉モード湯あがり気分にたっぷりひたれます。

 

ここの温泉は硫黄系で高温とあって、日本人が思い描く「ザ・温泉」です。

 

いろんな効能もさることながら、美肌効果が高いとあって女性客にも人気の温泉地です。

 

湯治として栄えた「万座温泉」には、極上の豪華な温泉宿からリーズナブルなホテルステイまで自分の予算や目的に合わせて選べるのも魅力の1つ。

 

また、昔からの湯治施設にはお1人様宿泊専用プランもあるので、周りに気負いなく温泉を楽しむことが出来ます。

 

1人で温泉なんてカッコ悪いかな?って、心配は御無用です。

 

せっかくの「ひとり旅」。

 

そんな世間体はちょっと一休みして、心行くまで温かいお湯に包まれて下さい。

 

万座温泉観光協会

http://www.manzaonsen.gr.jp/index.php

 

ひとり旅で訪れたい開運スポット!

女性がひとりで開運のパワースポットを巡る旅が秘かなブームです。

 

専門のガイドブックも発売されているのですが、今回はそんなスポットから開運別に一部抜粋してご紹介したいと思います。

 

良縁・縁結び「島根県・出雲大社」

誰もが御存知、日本中の神様があつまると言われる「出雲大社」をご紹介します。

 

「いづもたいしゃ」と呼ばれていますが、実は「いづもおおやしろ」が正式名称なのはあまり知られていません。

 

出雲大社が縁結びとして知られるようになったのは、毎年10月の神無月に全国の神様が集まり各土地の縁結びを相談するということからです。

 

それが、出雲大社が縁結びとして有名になった理由です。

 

実は出雲大社の御利益は縁結びだけでなく、良縁としても人気のパワースポットです。

 

良縁とは、素敵な出会いがありますようにという祈願です。

 

縁結びは、誰か特定の人と結ばれますようにという祈願です。

 

まだ、お相手が定まっていない方にも御利益のあるパワースポットです。

 

出雲大社

http://www.izumooyashiro.or.jp/

 

お願い事「京都府・鈴虫寺」

京都の人気観光地・嵐山にある「鈴虫寺」は、一年中鈴虫の音色が響き渡るお寺です。

 

わらじを履いたお地蔵様が願いを叶えて下さいます。

 

嵐山の中心地からは少し距離がありますが、パワースポットとして人気です。

 

また、このお寺で売られている「幸福御守」がお土産としても人気です。

 

実はこちらの和尚さん、禅寺だけあって説法が面白いことが人気の秘密です。

 

嵐山は日本のみならず、海外からも「ひとり旅」する観光客が多い人気スポット。

 

1人で気負いすることなく食事が出来る場所が豊富なのも魅力です。

 

鈴虫寺

http://www.suzutera.or.jp/

 

金運「石川県・金剣宮」

日本一の金運神社は、山梨県・新屋山神社と言われています。

 

車がないとアクセスしにくく、山の中にあるので女性のひとり旅には不向きです。

 

そこで駅からも徒歩圏内とアクセスがよい、石川県の金剣宮がおすすめです。

 

金剣宮

http://www.kinkengu.info/index.html

 

仕事運「神奈川県・箱根神社と九頭龍神社」

立身出世は箱根神社・良縁成熟は九頭龍神社と効率良く周れるパワースポットです。

 

箱根は、言わずと知れた人気観光スポットです。

 

路線バスが網羅しているので、女ひとり旅でも不便さを感じず巡ることが出来ます。

 

東京からは日帰りでも充分楽しめますよ。

 

箱根神社

http://hakonejinja.or.jp/

 

ひとり旅で訪れたい日本の絶景スポット!

日本国内での絶景スポットはたくさんあります。

 

その中から女性1人でもアクセスがよく、安心して訪れることができる絶景スポットを一部抜粋してご紹介します。

 

東日本

福島県・五色沼湖沼群

福島県にある磐梯山の噴火で約300程の湖や沼が出来ました。

 

その中から毘沙門沼・赤沼・深泥沼・弁天沼・瑠璃沼・青沼・柳沼などが見事です。

 

その中でも、一番の見所は何と言っても「毘沙門沼」

 

真っ青に輝いた風景は、日本とは思えない景色が広がっています。

 

五色沼湖沼群へは、駅から裏磐梯ビジターセンターまでバスで移動可能なので、車を使わない気ままなひとり旅でも訪れることが出来ます。

 

五色沼湖沼群

http://www.urabandai-inf.com/?page_id=141

 

静岡県・日本平ホテル

ドラマ「華麗なる一族」のロケ地として登場した、広大なお庭から富士山の絶景を楽しむことが出来るホテルです。

 

ホテルのロビーに一歩足を踏み入れた瞬間、完全に言葉を失ってしまいそうな絶景が目の前に広がっています。

 

荷物をお部屋に預けたら、さっそくお庭探索をお楽しみください。

 

ホテルのエステルームからも、富士山の絶景を独り占めするような工夫が施されています。

 

温泉施設は無いけれど、時間毎に移りゆく富士山と駿河湾の景色を楽しむことができます。

 

駅からホテルまでは、シャトルバスを利用することが出来るので女性ひとりでも無理なくアクセス可能です。

 

日本平ホテル

https://www.ndhl.jp/

 

西日本

京都府・圓光寺

京都は、大人女子ひとり旅に最適の街かも知れません。

 

観てよし、

食べてよし、

買ってよし。

 

とにかく、女ごころをくすぐるポイントが散りばめられた街です。

 

そんな京都市の中心地からおすすめしたいのが、圓光寺のお庭の絶景です。

 

紅葉の名所として秋には多くのメディアに取り上げられるので、一度は目にしたこともある人も多いのではないでしょうか。

 

日本人の心に響く庭の風景が、控えめなのに凛と張りつめた空間からは伝統を感じさせる、大人にしか分からない魅力を感じることができます。

 

ここでは、座禅を受けることもできるので自分と向き合う、そんな時間もプレゼントしてくれるスポットです。

 

すぐそばに「詩仙堂」という同じく庭園の有名処もあるので、ご一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

圓光寺

http://www.enkouji.jp/

 

京都府(京丹後)・寿海亭

京都府といっても、日本海に面した丹後半島にあるお宿「寿海亭」のお部屋からの景色が絶景なのでご紹介します。

 

このお宿は1日限定8組。

 

13歳以下のお子様は宿泊不可というまさに大人のための隠れ家てきお宿です。

 

全室オーシャンビューで各部屋には桧の露天風呂付き。

 

誰に気兼ねすることなく、ゆっくりと水平線に沈む夕日の絶景を1人で楽しむことが許されています。

 

夜には街灯が消灯されるので、満天の星空も楽しめます。

 

ちょっと奮発したい時に利用したい絶景お宿です。

 

寿海亭

 https://www.jukaitei.com/

 

気楽に過ごせる女ひとり旅を応援してくれる豪華ホテルのレディスプラン

ちょっとした週末を優雅な時間に変えてくれる、そんな気分転換におすすめのホテルをご紹介します。

 

京王プラザホテル

言うまでもありませんが、都心にあるのでアクセス抜群。

 

週末利用だけでなく日曜ステイして月曜の通勤時間を大幅短縮し、月曜はホテルから出勤が可能です。

 

大人の女性ひとり旅を応援してくれるプランが、ホームページ限定で予約可能です。

 

ミキモトコスメの基礎化粧品セットにプラス美容マスク付きという特典だけでなく、朝食がルームサービスで受けることができます。

 

ひとり旅でちょっと寂しさ感じる時って何と言っても食事です。

 

完全に大人女子の気持ちを知り尽くした夢のプランです。

 

京王プラザホテル

https://www.keioplaza.co.jp/

 

ウェスティンホテル大阪

大阪駅から徒歩7分。

 

便利なシャトルバスも用意されているので、繁華街からほどよい距離のホテルです。

 

こちらのホテルには女性専用フロア「MUSE」が用意されています。

 

アメニティは資生堂のELIXIR。

 

女性専用のナイトウエアにナイトスチーマー。

 

部屋での滞在が快適になるよう工夫されていますが、こちらのホテルも朝食に一工夫されています。

 

レディスフロア宿泊者は、限定の朝食メニュー2種類から選べます。

 

いずれも美容と健康に意識されてつくられており、もちろんルームサービスで頂くことが出来ます。

 

レディスフロア限定のエステメニューもホテル内で受ける事が出来るので、ゆっくりとした滞在を楽しむことができます。

 

ウェスティンホテル大阪

https://www.westin-osaka.co.jp/

 

ひとりで気ままにワンデイトリップ!

時間的に宿泊までは難しい方には、日帰り旅行もおすすめです。

 

ちょっと足を伸ばして非日常体験でリフレッシュはいかがでしょうか。

 

関東編

神奈川県・鎌倉

日本のみならず外国の方にも人気のスポットでお決まりの鎌倉をご紹介します。

 

観光客でごった返すエリアとは違い、のんびり散策におすすめの「報国寺」はいかがでしょうか。

 

竹林のトンネルは幻想的で日帰りの旅で自分と対話する瞬間が自然と訪れるはず。

 

報国寺

http://www.houkokuji.or.jp/

 

埼玉県・川越

東京から日帰りスポットとして最近注目されているのが、川越。

 

蔵造りの町並みが残されているので、街をぶらつくだけ日帰りでも充分旅行気分が味わえます。

 

寺社仏閣が多いも特徴ですが、なんといっても大正ロマン漂うレトロの雰囲気が人気です。

 

石畳の菓子屋横丁もあり、昔にタイムスリップしてみてはいかがでしょうか。

 

川越

http://www.koedo.or.jp/

 

関西編

和歌山県・高野山

平安時代、弘法大師空海が開いた密教テーマパークのような別世界が広がっています。

 

空海は、戦国時代の荒れ果てた日本を政ごとではない形で国を安定させようと、出家してその道を開いたお方。

 

高野山は明治5年まで女人禁制で、私たち女性には閉ざされた世界でした。

 

現在は自由に行き来ができると同時に、様々な体験を日本のみならず外国の方も受け入れています。

 

瞑想・写経、また森林セラピーも用意されています。

 

日常的に揺れ動く自分の気持ちをそっと見つめ直してくれることでしょう。

 

高野山

https://www.koyasan.or.jp/

 

三重県・伊勢神宮

全国8万ほどある神社を総括する伊勢神宮は、総氏神で中心的存在です。

 

「お伊勢さん」として親しまれ、昔から「一生に一度はお伊勢さん」と言われていたほど。

 

20年に一度内宮の遷宮という儀式が有名で、1300年前から続いています。

 

内宮の正面玄関にある木製の宇治橋を渡り、五十鈴川で清めると邪念が去っていくような軽やかな気持ちに変わっていくでしょう。

 

とにかく広い敷地内をゆったり歩くだけでパワーを授かるようなそんな気持ちにさせてくれるのが伊勢神宮です。

 

伊勢神宮

http://www.isejingu.or.jp/index.html

 

女ひとりで日本脱出!海外編

長期でお休みがもらえたら、思い切って日本を脱出するのもおススメです。

 

女性ひとりでの海外旅行は、ヨーロッパを中心に昔から根強い人気です。

 

ですが現在は治安の問題もありますので、旅慣れない方には周遊系はあまりおススメ出来ません。

 

そこで初心者でもおススメできる海外都市をご紹介します。

 

フランス・パリ

1都市で見所がテンコモリな世界的人気の観光都市パリ。

 

パリ市内は、地下鉄がすみずみまで運行しているので各観光スポットへの移動も簡単です。

 

有名な観光名所が多いだけでなく、美術館に絞ったとしても1日ではとてもじゃないけど周りきれません。

 

買物も楽しめるし、スイーツ好きには、チョコラティエをはじめとした日本でも有名なお店が多いのもパリの魅力の1つです。

 

外食に疲れたら、スーパーや、お惣菜屋さんを利用してホテルで一息なんてのもおススメです。

 

カナダ・トロント

北米でアメリカよりも治安がいいことで知られるカナダ。

 

バンクーバーもいいけれど、ほどよい田舎のトロントなんていかがでしょうか。

 

トロントは、有名なナイアガラの滝がある都市として有名。

 

そのため、観光客が多いので旅行者は比較的安心できる街です。

 

ナイアガラはトロントの市街地とは離れているので、トロント中心地とナイアガラの滝周辺と宿泊地を2か所にわけて滞在するのもおススメです。

 

もしナイアガラ周辺を個人で観光する場合は、ホテルのコンシェルジュ経由でタクシーをチャーターして観光に連れ出してもらうのもが安心です。

 

もちろんトロント市街地のホテルに滞在し、現地の日帰りツアーに参加することも出来ます。

 

残念ながら英語オンリーになる場合が多いので日本の旅行会社の日帰りツアーに申し込むか、英語をBGMとして聞き流すのも「ひとり旅」の醍醐味です。

 

台湾・タイペイ

コンパクトシティで全てが凝縮された都市台北。

 

公共の交通網も充実で、物価も日本より安いのでおススメの旅先です。

 

親日家が多いことで知られており、アジアの中でも安全に過ごせる都市になります。

 

台北はとにかく女性に人気の旅先。

 

訪れてみると女子旅や社員旅行、家族連れから年配の方までとにかく幅広い年齢層の日本人が訪れる都市です。

 

台北の表通りは日本顔負けの最新の建物が立ち並びますが、メイン通りから一歩中に踏み込むとまだまだ昔のレトロな街並が残されています。

 

B級グルメに舌づつみなんて楽しみ方も。

 

台北はグルメも有名ですが、なんといっても様々なタイプの茶館で茶が味わえます。

 

ひとりで気ままに過ごす旅ならでは。

 

異国の地でのんびりお茶を楽しむ時間は、息を吐き出すたびに日頃の鬱憤が浄化されていくようです。

 

ほどよい距離なので、短期間でも海外旅行でリフレッシュ出来るのも魅力の1つ。

 

自分の予算や休暇日数に合わせて、非日常を味わうには日本脱出もおすすめです。

 

ハワイやグアムなどのリゾート系は、安全面とは別の理由でお控え下さい。

 

女ひとり旅だからこそ事前準備で危険回避!

遠い昔の記憶に「遠足は家に帰るまでが遠足です!」と注意された人も多いのではないでしょうか。

 

楽しい旅の思い出になる最低条件は、なんといってもなんのトラブルもなく無事に帰宅できることではないでしょうか。

 

そこで、女ひとり旅で気を付けておきたいポイントをまとめました。

 

国内編

1人で山に入るのは危険です。

 

もし絶景ポイントやトレッキングなどが目的でしたら、単独行動ではなく日帰りツアーを利用しましょう。

 

国内だからといって過信しすぎると危険です。

 

夜間タクシーを利用する場合、タクシーを降りる時は宿泊先の目の前で。

 

人気の無い所では降りないようにご注意下さい。

 

宿泊先は他人には知られないよう気を付けましょう。

 

海外編

海外で日本語で声をかけてくる人の半分以上が詐欺だと思って気を付けましょうとは、よく言われている事。

 

特に女ひとり旅。

 

用心にこしたことはありません。

 

ホテルの部屋に入る際は、前後に人の気配がないかを充分確認してからルームキーを差し込みましょう。

 

また部屋に居るとき、ノックされても気軽に部屋のドアは開けてはいけません。

 

不安な時はフロントに連絡しましょう。

 

出来るだけ公共の交通手段を利用して移動しましょう。

 

もしディナーの帰りに時間が遅くなりタクシーを利用する場合、流しのタクシーは1番のトラブルのもとです。

 

一番おすすめなのはUber。

 

事前に料金が決められカード決済してから配車されるので、ぼったくられる心配もなく女性1人でも安心です。

 

人気の少ない場所には絶対立ち寄らない。

 

知らない都市では、危険地帯が繁華街と隣り合わせっていうのはよくあること。

 

特に大都市において駅周辺は治安が悪い所が多いので、宿泊先を決める時は旧市街から選ぶのも考慮に入れて下さい。

 

旧市街だと日が暮れてから食事にでかけたり、買物するにも便利という利点があります。

 

夜間道を歩く時は、車道側を歩きましょう。

 

建物側を歩くと急に路地に連れ込まれる恐れがありますので注意して下さい。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

女性は、男性よりも選択を迫られる場面に直面することが多いものです。

 

仕事を続けるのか、結婚をするのか今まで多くの分岐点を通過して今の自分があるのではないでしょうか。

 

今の自分は、むかし思い描いてたものとは少し違う場合もあるかもしれません。

 

そんな時は、肩の力を抜いて少し立ち止まってみませんか?

 

頑張るあなたにひとり旅がお役にたてますように。