最近はカレの顔を見るのも少し気が重い…

心から笑顔が出ない…

一緒にいると苦痛…

 

そろそろ限界だと思っているのに、どういうタイミングで切り出すべきなのか?

別れることは正解なのか?

 

情があるので、いきなりバサッと切り捨てる事は難しいと思います。

 

別れる理由

別れる理由は人によって様々です。

 

一番多くて大きな理由としては、

『好きじゃなくなった!』

でしょう。

編集長編集長

好きじゃなくなったのに情だけで交際を続けている。

恋愛あるあるです。

 

付き合ってみて

  • 性格の不一致が感じられた。
  • 性の不一致が感じられた。
  • 価値観が合わない。
  • 長すぎた春で気持が冷めた
  • カレとの将来が見えない
  • 束縛がヒドイ
  • DV
  • マザコン
  • 好きな人ができた

 

付き合ってみて初めて分かることもたくさんあります。

 

性格の不一致は、付き合う前まではお互いよそよそしく猫をかぶっています。

付き合って一緒にいる時間が長くなればなるほど、性格が合わないなぁって感じるようになります。

ノンビリしているあなたと、せっかちなカレ。

几帳面なあなたと、適度なカレ。

ちょっとしたポイントが気になると、後々許せない大きなポイントになります。

 

性の不一致も、お互いが慣れてきて初めて分かるポイントです。

なかなか本当の自分を出すことは難しいのが現実です。

言い出せやすいカレなら良いのですが、言い出しづらいカレは最終的にガマンするか別れるかの2択になります。

 

価値観が合わない。

抽象的な表現で分かりづらいポイントです。

しかし一緒にいる時間が長いと、どこか価値観が合わないという違和感が重荷になります。

 

必要なものだからといって中でも一番高価なものを買う人と、機能を満たせば十分だからと安価なものを買う人。

友達だからと女友達と朝まで飲み歩く人と、異性に友達はありえないと思う人。

 

最初はなんとなく合わせていけばいいかなって思いますが、価値観のズレがドンドンと亀裂を深めることもあります。

 

嫌いじゃないから付き合ってきた。

もう何年になるのか?

周りが結婚ラッシュになってきた。

そんな時、自分たちは??

自分の気持ち、焦りや不安などを理解してくれないカレ。

長すぎた春で別れる人は多くいます。

 

その発展形がカレとの将来が見えないことです。

ハッキリ言ってくれない。

結婚する気があるのかないのか?

今後、わたしたちはどういう未来があるのか?

このまま付き合いを続けていて良いのか??

嫌いじゃないけど、何も考えずに付き合いを続けられるほど愛していない。

別れる理由になります。

 

束縛がヒドイのは今は良くてもドンドンと重荷になります。

最初は好きという気持が勝るので許せますが、気持が減ってくると束縛に対するストレスが増していきます。

 

DVはもってのほかです。

専門の相談をしてくれる機関も多くあります。

早く相談して自分を大切にしてあげる必要があります。

マザコンは許せる範囲と許せない範囲があります。

気持ちが勝っている時は許せても、時間とともにイライラがつのることも。

ハッキリと母親に対してモノを言う人、母親より自分を大切に守ってくれる人なら良いのですが。

母親優先だと、先が思いやられます。

 

好きな人ができたというのは、一番分かりやすい別れる理由です。

そして決断はどっちのカレを選ぶのかだけ。

情に流されることもなく、自分のその時の気持を大切に選択するだけ。

 

間違えていても、自分で決めたことだから諦めがつきます。

 

好きだけど別れる理由

好きだけど別れるという決断をする女性もたくさんいます。

 

  • どうしても自分の夢に挑戦したいから
  • 遠距離はツラすぎるから
  • プライドが高すぎるから
  • ネガティブすぎるから

 

自分の夢に挑戦したいという人で、別れざる得ない事はあります。

地方に住んでいては夢の挑戦ができない人は、やっぱり東京などの都会にでます。

その時に一緒に行くことができる男性はなかなかいません。

遠距離になると、寂しくて寂しくて…

近くの人に頼ったり甘えたり。

これは、仕方のないことです。

責めることはできません。

 

プライドが高すぎる人もついていけなくなる事があります。

笑って終わらせられないのか?

そこで怒る必要があるのか?

正直疲れます。

 

ネガティブすぎる人も同じく。

疲れます。

そんな事でウジウジ悩んでいたんだ‥

そんな事気にするポイント??

 

意味が分からないって思います。

 

この人のココは好きだけど、ココはどうしても好きになれない。

 

これは、どちらが優位なのかだけの話です。

好きが優位の時は、嫌いなポイントは許せます。

好きが優位でない時は、許せません。

 

好きだけど別れる理由というよりは、好きという気持が減ったから。

本当の別れる理由はそこだと思います。

 

 

別れの切り出し方

別れる理由はいっぱいありました。

次にする事は、別れを切り出すこと。

夫婦 カップル 別れるタイミング

しかし、タイミングを誤ると大変面倒なことになることも。

絶対に別れないと意固地になる人もいますし、ストーカーのように変わってしまう人も。

一番ひどいのは、DVになるタイプ。

 

編集長編集長

別れの切り出し方を間違えないようにしましょう。

 

予備段階を作っておく事が非常にスムーズに別れを進められます。

LINEやメールの返信を少なくしていく。

一緒にいる時に笑わない時間を増やす。

ちょっと距離をおいていく。

 

相手が

『ちょっといつもと違う』

と思わせておく必要です。

 

その気付きが心の準備をさせてあげられます。

あまりにもいきなりすぎると、思考が追いつかずパニックになったりします。

 

編集長編集長

定番は

『言いにくいことなんだけど…』

から切り出すことです。

 

いきなりではなく、言いにくいという前置きがカレに心の準備をさせられます。

 

理路整然と別れたい理由を整理して伝えることが重要なポイントです。

 

どうして別れたいのか?

続ける事が無理な理由は何なのか?

 

ここをハッキリと伝えてあげることが、カレが気持ちの整理をつけられることに繋がります。

曖昧にしていると、カレが復縁できると勘違いする可能性が高くなります。

 

 

カレがどういう性格なのかもきちんと把握しておく必要があります。

カレが直ぐに激高するような短期な人なら、人が多い場所で別れを切り出すことがポイントです。

手に負えない人なら、LINEで伝えるのも仕方ないことです。

 

泣き出すタイプなら、夜の居酒屋とかでの別れの切り出しはやめましょう。

 

自分が口ベタでちゃんと気持を伝えられないタイプなら、手紙に気持をきちんと書いておくというのもありです。

カレに、今の気持をきちんと伝えたいから手紙を書いたと伝えましょう。

 

誠意をもって伝えるのが基本ですが、カレが誠意では伝わらないDVタイプなら違うパターンで伝える必要があります。

 

DVタイプのカレと別れる時は絶対に2人きりで話はしないようにしましょう。

女友達に同席して貰い、可能なら男の人にも違う席で見守ってもらう事をおすすめします。

 

なにかあった時に最悪間に入ってもらえるようにしておきましょう。

 

もし、カレの家に取りにいかないといけないような物があるなら、別れを切り出す前に引き取っておきましょう。

どうしても必要な物以外は諦めることをおすすめします。

変な動きをしてカレが感づき、暴力をふるわれるのが一番最悪なパターンなので。

 

編集長編集長

DVタイプのカレと別れると決心したら、絶対に戻ってはいけません。

もう、そのカレとは二度と会わないと決断してください。

 

直接会うのもしんどいと思うカレなら、電話やLINEで伝えても良いと思います。

できれば実家に戻るとか、友達の家に避難しておくことです。

 

自分の家に乗り込まれて、元の木阿弥になってしまえば意味がありません。

 

あなたが別れると決めた時は、絶対に戻らないという決心が非常に大事です。

揺れていると相手に伝わります。

 

どんな事があっても別れる。

別れる理由はこうだから。

ハッキリと意思を表明することが大事です。

 

面倒な相手と別れるとき

色々な面倒な相手がいます。

言葉で何を伝えても、絶対に別れてくれない人も。

 

編集長編集長

そういう人は嫌われる事に意識を集中してください。

相手が嫌がることをドンドンとしていきます。

 

体の関係を断っていき、男友達と飲み歩く。

一緒にいるときも、男友達とLINEや電話のやり取りをする。

 

相手が許せないという事をさり気なくしていく。

 

DVタイプの男ならこの方法はNGです。

必ず暴力に繋がります。

DVタイプはとにかく離れる。

一緒に居ないようにする。

実家などに避難する。

 

最悪の場合は警察に相談しておく事も必要です。

 

おわりに

今のカレと一緒にいるときに

  • なんかしんどい
  • 素直に笑えない
  • 早く帰りたい

なんて気持ちがある人は要注意です。

 

別れる理由をイメージしてください。

たぶん、いっぱい出てくると思います。

編集長編集長

情だけで一緒にいることはハッキリ言うと時間の無駄になります。

あなたに合う人は必ずいますよ。