もうアラフォー女と言わせない!10歳若く見せる3つのメイク術と悩み別メイク法!!

 

もうすぐ40歳になる頃、もうおばさんと言われてもおかしくない年齢なのだと感じてしまいます。

 

でも、40歳前でも40歳を過ぎても、いくつになっても女性は綺麗でいたいもの。

 

自分をおばさんと思って生活をするよりも、綺麗に若々しく年齢を重ねていきたいとは思いませんか?

 

「いつも綺麗ね。」と言われたいものではないでしょうか。

 

年相応でいいと思うか、年齢よりも若いと思われたいか、個人差はあります。

 

上手にメイクをして年齢よりも若くなれたら、もっと綺麗になる事を意識して綺麗になれたら。

 

より自分らしく、イキイキと過ごせるのではないでしょうか。

 

そんなアラフォー女性がアラフォーに見えないメイク術をご紹介していきましょう

 

 

アラフォーになったらメイクが難しい? 

 

 

若々しい20代の頃のお肌は、キメが細かくハリがあります。

 

少し乾燥してもすぐに回復するくらいに健康的で、潤いやツヤを感じます。

 

イキイキとしているお肌は、若い頃は当たり前と思っていたかもしれません。

 

しかし、年齢を重ね、アラフォーになると、お肌には何らかの変化が現れメイクが難しくなります

 

  • お化粧が綺麗にお肌にのらない
  • アイシャドウにムラができる
  • お肌に影を感じる
  • 毛穴が気になる
  • 口紅の色が綺麗に出ない

 

などが気になり、メイクに時間がかかるようになります。

 

今までなかったメイクの悩みが少しずつ現れ始め、高額のメイク品を購入しても解決しないこともあるでしょう。

 

今までと同じメイクをしていても、物足りなく感じてきます。

 

綺麗になりたくてメイクをしているのに、逆に老けて見えてしまう事も。

 

アラフォー女性のメイクは、20代の頃と同じというワケにはいかないようです。

 

 

アラフォー前のお肌

 

 

メイクをする時の悩みが無かった、アラフォー前の理想的なお肌を思い出してみましょう。

 

  • お肌にハリと弾力がある
  • 色ムラが無い
  • 透明感がある
  • 潤いと艶がある
  • キメが細かくて綺麗
  • お化粧のノリがいい

 

20代の頃のお肌の特徴は、思い出すと本当にたくさんあるものです。

 

そのお肌状態が当り前と思っていることから、お手入れを怠ることもあるでしょう。

 

日焼けをたくさんしたり、洗顔をしないで寝てしまったり、保湿をしないこともあったかもしれません。

 

それでもお肌は、急には老化しません。

 

特に20代前半は、綺麗なお肌のまま過ごせるのです。

 

何もしなくても綺麗なお肌なので、いつまでも綺麗と勘違いしてしまうのかも。

 

たくさんの刺激にさらしていたお肌は、ケアをしていても年齢と共に老化はしてきます。

 

毎日のスキンケアをキチンとしていない場合、お肌の老化はかなり進んでしまうこともあるでしょう。

 

30代後半のアラフォー女性になると現れ始める肌悩みは、たくさんの刺激物が蓄積されてきた結果なのです。

 

 

アラフォーの肌状態とは?

 

 

20代の頃の綺麗なお肌と比べると、30代後半のお肌には変化があります。

 

アラフォーになると、お肌悩みはいろいろと現れてくるのです。

 

  • 毛穴の開き
  • ほうれい線が目立つ
  • シミが目立つ
  • お肌のタルミ・小じわ
  • 色ムラ・くすみ
  • 乾燥・べたつき

 

などが考えられます。

 

人それぞれ肌質が違うため、肌悩みもそれぞれあります。

 

したいメイクが思うようにできないと、ストレスも感じてくることでしょう。

 

これらのような悩みがあると、メイクをするのに時間がかかりそうですね。

 

どうやって肌の悩みを隠すと良いのか、分からないこともあるでしょう。

 

毎日のスキンケアに時間をかけ、エステに通うことができたら、綺麗なお肌を保てるかもしれません。

 

しかし、なかなか思うようにはいかないことも。

 

お肌の悩みは急に現れるものではありません。

 

徐々に時間をかけて、お肌は老化しています。

 

毎日のスキンケアも、基本的な部分だけでもしておくことが大切です。

 

アラフォーのお肌は、悩みを抱えていることが多いため、メイクの仕方にも気をつけることが大切なのです。

 

 

アラフォーメイク術① ベースメイク

 

 

ベースメイクには、下地、ファンデーション、フェイスパウダー、コンシーラーなどがあります。

 

これらを上手に使って、アラフォーに見えないようなメイクをしましょう。

 

アラフォーになると、くすみやたるみ、小じわが気になり出します。

 

アラフォー女性がベースを仕上げる時、ファンデーションがお肌に綺麗にのることが大切です。

 

また、ハリが感じられ、くすみが無いお肌に見せることが出来ると尚よいでしょう。

 

下地

 

下地をつける時、また、付けた後にまずはお肌状態を確認します。

 

を触ってみて、べたべたしていたら直ぐにファンデーションは塗らず、時間をおいてお肌がすべすべしてきてから塗ります。

 

反対に、保湿をしてもカサつきやツッパリ感があったら、乳液や美容液などをもう一度塗りましょう

 

よくお肌をみて、カサツキが無く、ベトベトしていなくて、しっとりとスベスベしていたら、ファンデーションを付けていきます。

 

ファンデーション

 

ファンデーションの付けすぎにも気をつけるようにしましょう。

 

小じわ・たるみなどが気になる部分は、特に厚めにファンデーションを塗りたくなります。

 

厚めに塗ることで、余計に肌悩みを強調してしまい、シワやたるみが目立ってしまいます。

 

気になる部分は、出来るだけ薄めに付けるように心がけましょう。

 

ファンデーションのノリが良いと、お肌に透明感や潤いが感じられます。

 

それでも肌色のくすみが気になるときは、キラキラとパール感があるフェイスパウダーを使うのがおススメ

 

おすすめのファンデーション 

「ソフィーナ プリマヴィスタ」

 

引用元;http://www.sofina.co.jp/primavista/foundation/

 

コンシーラー

 

コンシーラーにも種類があり、お肌のくすみや赤み、シミまで隠してくれるものや、お肌を明るく見せてくれるものもあります。

 

それらを上手に活用し、より綺麗なお肌に見られるようにしていきましょう。

 

コンシーラーも、付け過ぎに注意しておかないと、違和感のある仕上がりになってしまう事も。

 

それぞれの商品には正しい使い方があります。

 

正しい使い方を心がけながら、自然なお肌に見えるような工夫もしましょう。

 

おススメコンシーラー

「NARS ラディアントクリーミーコンシーラー」

 

コンシーラー

   引用元;http://www.narscosmetics.jp/concealers

 

アラフォーメイク術② アイメイク

 

 

アイメイクにはアイシャドウ、アイライナーやマスカラもあります。

 

これらのメイク品も、上手に使うことでアラフォーとは思えないくらい若々しくなれますよ。

 

 

まぶたにたるみが出てきて、アイシャドウをつける時に、寄れてしまうことはありませんか?

 

また、どのようにつけても、疲れて顔色が悪い、表情が暗いと感じることもあるかもしれません。

 

アラフォーになった時に、気をつけたいことは目元のタルミです。

 

年齢と共に目元はたるみやすく、元々の一重まぶたが二重になるということもあるでしょう。

 

皮膚にハリが無いと、メイクはしにくくなります。

 

アイメイクを綺麗に仕上げたいときは、まず目元の潤いを保つようにしましょう。

 

保湿が保たれたうえで、アイシャドウが寄れてしまわないように皮膚を伸ばしながらアイシャドウを丁寧につけていきます

 

大切なのは、スキンケアをしっかりとしながらメイクをすること。

 

アイライナーも同じように、皮膚を少し伸ばすようにしながら、丁寧にラインを描いていきましょう。

 

 

マスカラは、目に強い印象を感じさせてくれるものなので、毎回しっかりとマスカラをする人は多いでしょう。

 

マスカラは、とにかく綺麗に付くように気をつけます。

 

黒いダマがまつ毛にいっぱい付いてしまうなら、新しいものを購入しましょう。

 

新しくてもマスカラの黒い塊がどうしてもついてしまうようなら、本体の蓋をしっかりと閉めている状態で、湯銭にかけると使いやすくなります。

 

まつ毛に黒いダマが沢山ついていると、目元のたるみが目立ってしまうのです。

 

老けて見られることも考えられるので、マスカラは綺麗についているのが重要になります。

 

 

アイメイクは、自然に仕上げると印象的な目元を演出することが出来ます。

 

濃い目の色を付け過ぎたり、マスカラや眉毛を濃くつけすぎると逆効果です。

 

アイメイクは、付け過ぎに十分気をつけるようにしましょうね。

 

 

アラフォーメイク術③ リップメイク

 

 

リップは、取れにくくて発色がいいものが人気ですが、ただ付けるだけでは若々しくはなりません。

 

ほうれい線が目立ち、口角が下がってくると、口元に老化が感じられる事があります。

 

立体感と潤いのある唇は、若々しい雰囲気を出してくれますよ。

 

 

年齢を重ねていくと、口の周りに縦のしわも出来やすくなってしまいます。

 

口の周りもしっかりと保湿やマッサージをして毎日のケアを心がけ、唇もその周辺も美しく保ちましょう。

 

 

 

アラフォー世代になると、唇に立体感が感じられなくなるため、唇のツヤを意識してメイクをしたいですね。

 

潤いと艶は、唇に立体的にしてくれます。

 

いつものリップにグロスをプラスしたり、ツヤを出してくれるようなリップを使うのもおススメです。

 

また、唇のケアも考え、唇のしわも意識してリップを縦に塗るのは、プルプルの唇を演出する大切なポイントです。

 

縦のしわを埋め込むようにして、しっかりと塗ると、より立体的に見えるでしょう。

 

また、唇に優しい塗り方でもあります。

 

唇が荒れてしまう事も防げる塗り方なのです。

 

おススメリップ

「オペラ リップティント」

 

 

引用元;https://www.opera-net.jp/

                            

 

 

小じわの悩みメイク術

 

 

小じわはしっかり隠すメイクは難しく、目立たなくしてくれるメイク術を使うと、綺麗にメイクが仕上がります。

 

小じわが気になる部分は、主に目元ではないでしょうか?

 

目の下や目尻に出来やすい小じわは、お肌のタルミまで感じさせることも。

 

また、お肌全体の乾燥を放っておくと、小鼻の横や口角のあたりにも、頬にまでも小じわが出来てくることもあります。

 

小じわは放っておくと、濃いシワになったり、たるみが出来てくることもあります。

 

そうならないように、気になる部分は特に保湿をしっかりとしながら、メイクをしていきましょう

 

 

小じわが気になる部分には、専用の美容液などを塗った後に、下地、ファンデーションを塗っていきます。

 

また、小じわが気になるところは、ファンデーションを厚く塗ってしまうと、小じわが目立ちます

 

そのため、小じわ部分には薄めにファンデーションを塗りましょう

 

パウダータイプであれば、頬に塗った後パフに残っているファンデーションを使うと良いでしょう。

 

リキッドタイプやクリームタイプも、指に残っているファンデーションだけで良いでしょう。

 

いずれもトントンと押さえるように付けていきます。

 

小じわを目立たせない大切なポイントになります。

 

 

タルミの悩みメイク術

 

 

 

お顔に黒ずんだ影が見えてくると、その部分のたるみが目立ってきます。

 

このメイク術は、お顔を明るく見せ、たるみを目立たなくしてくれます。

 

お肌にたるみがある場合、その部分に影が出来てしまいます。

 

健康的なお肌だと、ハリと弾力があり、また、血行も良いので影がありません。

 

ハリと弾力は明るい印象を保つことが出来るのですが、影があると、印象も暗めになります。

 

タルミによる影を目立たなくするには、影がある部分を明るく見せることがポイントです。

 

明るくするためには、白のパウダーやコンシーラー、また、パール感のあるポイントメイク商品を使います。

 

ほうれい線が目立つ・目の周りが暗く見える・口角が下がって見えるなどの部分は、影が原因です。

 

そのような気になる部分に、白のパウダーやパール感のあるパウダーなどをうっすらとつけましょう

 

また、くすみを隠してくれるコンシーラーも使いやすいでしょう。

 

お顔に暗い影が無く、明るさを感じられるだけで、若々しくなります。

 

このように影を目立たなくしてくれるメイク品は、アラフォー女性の必需品と言えるのではないでしょうか。

 

 

毛穴の悩みメイク術

 

 

毛穴は、気付いた時にはボコボコになっていて、目につきやすい部分にあると、とても気になりますよね。

 

そんな毛穴を目立たなくしてくれるメイク術は、とても簡単な方法です。

 

 

毛穴が一番目立ちやすい部分は、視線が向きやすい頬になります

 

また、額の毛穴が目立ったり、ほうれい線にもしずくのような形の毛穴が現れることも

 

 

毛穴の開きの原因には、ゴシゴシとお肌に負担をかけるような洗顔をすることも挙げられます。

 

 

また、お肌に汚れが残るような洗顔をしている場合もあります。

 

油っこいものをよく食べることが原因にもなるでしょう。

 

 

気になる毛穴の開きは、毎日のスキンケアで目立たなくなってきます。

 

洗顔はきちんとしながらも、お肌に優しく負担をかけないように丁寧に洗いましょう。

 

 

毎日のケアで毛穴の改善をしながら、メイクでも、毛穴が気にならない方法を取り入れましょう。

 

 

美容液などで、毛穴を目立たなくしてくれるメイク品があります。

 

 

そのような美容液を使った後で、メイクをしていくのも効果的です。

 

また、気になる毛穴を目立たなくするためには、ベースメイクがポイントになります。

 

 

ベースは濃くならないように気をつけながら、頬や額の毛穴が気になる場合はファンデーションを二度塗りします

 

 

トントンと上から押さえるようにしながら、優しくつけていきましょう。

 

 

リクイドやクリームタイプのファンデーションの場合は、仕上げにフェイスパウダーを使うと綺麗に仕上がります。

 

また、仕上げにパウダーファンデーションを薄くつけても効果的です。

 

お肌状態を見ながら、付け過ぎに気をつけながらメイクをしていくと、綺麗に仕上げることが出来ますよ。

 

 

シミの悩みメイク術

 

 

シミが目立っていると、そこにだけに視線がいきます。

 

人の視線が、シミに向かないようにしてくれるメイク術をご紹介します。

 

 

シミにもいろいろありますが、濃くなっているシミがあると、メイクをしにくいと感じてしまいます。

 

アラフォーになると、もともと薄かったシミが、徐々に目立ってくることがあります。

 

 

紫外線を浴び続けたり、また、生活習慣の乱れでもシミは濃くなることがあります。

 

シミが気になると隠したくなりますが、ファンデーションの厚塗りになってしまうのは避けたいですよね。

 

 

メイク品には、シミだけを隠してくれる専用の商品や、モイストのファンデーションでも代用できます。

 

 

ピンポイントで隠したい時には、お顔全体に軽くファンデーションを塗った後、シミ専用のコスメを使い、気になる部分だけに付けましょう。

 

 

その上にフェイスパウダーやパウダーファンデーションなどを軽く素肌になじませるようにつけていくと、自然な仕上がりになります。

 

 

薄いシミがいくつかある場合は、今以上にシミが濃くならないようにキチンとケアをしましょう。

 

その上で、シミを出来るだけ隠すようなメイクをしていきましょう。

 

 

ケアをしっかりとしていると、徐々にシミが薄くなってきます。

 

シミが薄いと、特に隠すようなメイクは必要なくなりますね。

 

 

アラフォーメイクの注意点

 

 

30代の後半になってくると、新陳代謝も乱れやすく、健康的なお肌が維持しにくくなります。

 

毎日しっかりとケアをしているつもりでも、シミが出来てきたり、肌荒れしやすくなることもあるでしょう。

 

毎日の生活習慣で、お肌の調子が悪くなることもあるのです。

 

疲労を溜め込んでいたり、ストレスを抱えていることもあるでしょう。

 

また、睡眠不足や偏った食事も、お肌を老化に導いてしまいます。

 

アラフォーに差し掛かった時に、まず気をつけたいことは生活習慣ではないでしょうか。

 

その上で、毎日のスキンケアも見直し、お肌状態にあったケアを心がけます

 

そして、アラフォーになったお肌を少しでも若々しく見せられるようにしていきましょう。

 

アラフォーメイクで気をつけたいことは、

 

  • お肌がしっとり・スベスベしている時にメイクをしていく
  • お肌悩みを意識してメイクをする
  • 自分の今のお肌状態と向き合う

 

という事が大切になってきます。

 

お肌がベトベトしている時にメイクをすると、寄れやすくなり、メイクがしにくくなります。

 

また、お肌が乾燥している時にメイクをしてしまうと、メイクが綺麗にお肌にノリません。

 

お肌がパサついたり、メイクが浮いているような仕上がりになってしまいます。

 

自分のお肌状態を知らないで、ただ基本通りのメイクをしていても、綺麗には見えません。

 

メイクは、自分の魅力を引き出してくれるはずのものです。

 

現在のお肌状態を知り、肌悩みを目立たなくしながら、より良く見せるメイクをしていきましょう。

 

そして、アラフォーだけどアラフォーに見えないメイクを心がけていきましょうね。

 

 

アラフォーでも十分キレイにメイクが出来る!

 

 

いろいろなメイクの方法をお伝えしてきましたが、30代の後半になると、お肌の悩みが増えてきます。

 

乾燥しやすく、荒れやすくもなり、くすみやシワが出来てくることもあります。

 

今までなかったお肌悩みに、慌てて苦戦しながらメイクをすることもあるでしょう。

 

そんな時、ご紹介したメイク方法を丁寧にしていくと、十分綺麗にメイクが出来ます。

 

年齢を3歳も5歳も若々しく見せることもできます。

 

自分がどのようなお肌になりたいのかを想像しながら、今のお肌と向き合い、メイクをしていきましょう。

 

 

まとめ

 

 

アラフォー女性が、アラフォーには見られないメイク術をご紹介してきました。

 

メイク別に悩みを解消したり、お悩み別にメイクをしていくのも良いでしょう。

 

まず、お肌の老化が、どんなメイクをしている時に感じられるのかを考えます。

 

そして、肌悩みを一つ一つ改善していけると、メイク後のお肌が若々しくなります。

 

毎日のスキンケアも大切ですが、同時にメイク方法に変化を与えていくと、アラフォーとは思えないお肌に仕上げることが出来るのです。

 

ぜひ、あなたも自分に自信が持てるメイク術をマスターしましょう。