内側から美人になる。美肌のためのよくある間違い。

「これを食べればキレイになる」

というものはありません。

 

ただし、

何を食べてもよいということではなく、

気をつけなければいけないことは

たくさんあります。

 

かみのかみの

よくある間違いや問題点をいくつかご紹介します。

 

野菜は生がいい?

サラダはオシャレでヘルシーなイメージがあり、

女性に大人気です。

 

 

ただ、野菜は生のほうが、

ビタミンが壊れなくてよいというのは事実ですが、

生で食べられる野菜は限られています。

 

ビタミンが濃いのは緑黄色野菜で、

これは加熱して食べるものが多いのです。

 

また生野菜は

「体を冷やす」という問題もあります。

 

生野菜を食べたあとに

トイレが近くなったりしていませんか?

 

意識してみると、

体を冷やしてしまっていることに

気づくかもしれません。

 

 

かみやまかみやま

野菜はぜひ温野菜でとりましょう。

 

調理するときに加熱時間を短くする、

あまり水にさらさないなどの工夫をすれば、

ビタミンは通常、

半分以上残ります。

 

炭水化物に偏った食事は?

一人暮らしの女性などは特に、

パン、おにぎり、麺類などの

炭水化物中心の食事になってしまうことが

あるようです。

 

朝はトースト、昼はコンビニのパンかおにぎり、

夜はパスタなどのパターンです。

 

 

炭水化物はエネルギーにはなりますが、

太りやすい上に栄養豊富とはいえません。

 

かみのかみの

炭水化物に偏っている人は、

それを減らして、かわりに温野菜と、

肉か魚などのたんぱく源をとりましょう。

 

肉食

「肉は太る」という

イメージがあるようですが、

決してそういうものではありません。

 

 

豚ばら肉や霜降り牛肉などの

脂身の多い肉を除けば、

肉はたんぱく質が豊富で肌にもよい食べ物です。

 

たんぱく質は、

かみやまかみやま

炭水化物よりもずっと脂肪に変わりにくいので

ダイエット中の人にもおすすめです。

 

脂肪の少ない鶏の胸肉やささみ、

豚のヒレやもも肉などが特にいいでしょう。

 

マクロビオティックなど、

動物性のものが悪いという考え方もあるようですが、

医学的にはそうとはいえません。

 

ベジタリアンのような食生活をすると、

肌が乾燥してハリがなくなってしまいます。

 

また、たんぱく質が不足すると、

生理が遅れるなど女性ホルモンのバランスが乱れ、

肌トラブルや老化を進める原因になることがあります。

 

動物性のものを食べると毒素がたまって、

アトピーになるとか

老化が進むなどという人もいますが、

科学的根拠はありません。

 

 

サプリメント

「バランスのとれた食事が大切とわかっていても、忙しいとなかなかできませんね。そんなあなたに、よいものができました」

 

 

こんなフレーズをよく耳にします。

 

要するに、

サプリメントや健康食品などで

補おうという発想です。

 

サプリメントなどがすべて無意味だという

意味ではありません。

 

サプリメントは

食事の代用にはなりません。

 

合成のビタミンなどは

食品に含まれるビタミンとは違うので、

ものによっては有害になる可能性も

指摘されています。

 

例えば、

抗酸化ビタミンとして人気のビタミンEも、

サプリメントで大量にとると

骨粗潅症のリスクを高めることが報告されています。

 

「生活が不規則で、最近食事もバランスよくないし」

などという〃後ろめたさ〃から、

サプリメントに頼りたくなってしまう人が

多いのでしょう。

 

まるで不健康な現代社会の

「免罪符」のようです。

 

編集長編集長

でも、ちょっと待って。

 

「忙しいから、バランスよくはできませんね」

という前提に私は疑問を感じます。

 

私自身は仕事と育児をしながらも、

精一杯食事には気をつけています。

 

仕事のときは、

お昼はお弁当を買うことが多いですが、

野菜だけはゆでて持っていくようにしています。

 

ブロッコリーなどはゆでたものを

冷蔵庫で数日は保存できるので、

小分けにして持っていくことができますし、

ほうれん草などの葉野菜は

ゆでてから冷凍もできます。

 

 

特に緑黄色野菜は自分で手をかけてとらないと、

どうしても不足しがちなのでこうしているのです。

「一人暮らしだから料叫はできない」

「材料を買ってもあまってしまう」

という声をよく聞きますが、

冷凍やら電子レンジやら便利なものを使えば、

決してそういうものではないと思います。

 

仕事でも勉強でも何でもそうですが、

できないといえばできないし、

いい訳はいくらでもあります。

 

でも、やればできることもたくさんあるのです。

 

「現代人は忙しいから、○○はできない」

という呪文のようなこのフレーズが

テレビや広告などから常に流れることによって、

私たちは「できない」と

洗脳されてしまっているのではないかと

思うことがあります。

 

子供に、

「あなたはこれもできなくて、あれもできなくて……」

と小言をいい続けると、

本当に「できない子」になるとよくいいます。

 

それと同じではないでしょうか。

 

「緑黄色野菜を1日100グラムとるべきです」

と申し上げると、

「ええ?」と、

まるでフルマラソンを完走しろと

いわれたかのごとくに目を丸くして

「できないですよね?」と

同意を求められてしまうことがあります。

 

でも、お弁当か朝ごはんにでも

温野菜を1品プラスするだけで、

それはかなうことです。

 

野菜をゆでるなんて、

10分でできます。

 

しかも毎日でなく、

まとめてゆでて保存すればよいことなのです。

 

食事だけではありません。

 

「現代人は、十分に運動なんてできない(からこのサプリメントでやせキ字しよう)」

「現代人は十分に睡眠をとるなんてできない(からこの化粧品でキレイになりましょう。」

など、現代人は、

かくも「できない子」に仕立てられてしまったのです。

 

編集長編集長

「できない」と決めつけられたまま

不健康な生活を続け、

パッとしない肌に悩み続けるか、

自分で立ち上がって道を切り開くか。

 

それはあなた次第です。

 

自分の足で、

「できない子症候群」から脱却してください。

 

美肌になる生活週刊とは?

 

体の中からキレイになるために、

生活面で何に気をつけたらよいか。

 

 

よく、そういう質問をされます。

 

かみのかみの

答えは簡単で、

誰でも知っていることです。

睡眠と食事と運動。

この3つが健康のための柱であり、

それはもちろん美容にも通じることです。

つまり、早寝早起きをする、

バランスよく食べる、

適度に運動する。

 

 

これだけで終わってしまう話なのです。

「これをすればキレイになれる」

という決定打はありません。

玄米と野菜中心の肌によい食生活をしても、

睡眠不足・運動不足では

決してキレィにはなれません。

ヨガやピラティスを取り入れてみても、

食事が悪かったら

やはりキレイにはなれません。

 

 

かみやまかみやま

「何をしたらよいか」を探す前に、

三本柱を正すべきです。

 

また、

「何をしたらよいか」の前に、

「しないほうがよいこと」

はたくさんあります。

食事でいえば甘いもの、

脂っこいもの、刺激物、冷たいもの、

カフェイン、アルコールなどをとりすぎない。

また、タバコを吸わない、

夜更かしをしない、

ということです。

 

 

かみのかみの

特別なことは必要なく、

まずは「普通に健康的な生活をする」

ことが大事なのです。

そういう基本的なところをきちんとしないで、

「何かキレイになる美容法はないか」と尋ねるのは、

素振りも筋トレも何もしないで、

いきなりラケットを持ってきて、

「テニスがうまくなる方法はないか」

と尋ねるのに等しいことです。

 

 

「普通に健康的な生活を」

という提案だけでは

美容の情報番組も雑誌の美容記事も

成り立ちませんから、

メディアでは常にいろいろな美容法が紹介され、

流行っては消えていきます。

 

「美容にはこれを食べるとよい」とか、

「このお茶を飲むとよい」とか、

そういう美容法が無意味とはいいませんが、

それらは基本ができてからの話です。

 

 

基本の三本柱を守ってさらに余裕がある人は、

そういうものも試してみるとよいでしょう。

 

 

編集長編集長

「私は忙しくてとても健康的にはできないから、そのかわりにこのお茶でキレイになろう」

というようなのが、

最も安易で危険な発想です。