日焼け後すぐのケアはシミを作らない!シミ予防に効果的な5つのケアと対策!!

 

思っていた以上に日焼けをしてしまったら、どうしたらいいの?

 

日焼け後の肌ケアをしないでいたら、シミが目立ち気になってきたということも。

 

同年代の友人よりも、お肌の老化が進んでいるように感じることがあるかもしれません。

 

これって日焼けのせい?

 

お肌のケアをしておけばよかった!

 

などで悩んでいませんか?

 

日焼けをした後のケアは、とっても大事です!

 

紫外線をたくさん浴びた後は、お肌のケアと一緒に体のケアもしないと、お肌の老化は進んでしまいます。

 

日焼け後は、どのようなケアをしたらいいのか。

 

綺麗なお肌を維持したい時には、何から始めたらいいのかわからない。

 

今からケアを始めても、もう手遅れなのではと、不安に感じているあなたへ。

 

 

今からケアを始めて、遅いということはありません。

 

日焼け後でもケアをキチンとしていると、お肌は少しずつ綺麗になりますよ。

 

日焼けをした後にお肌にシミが出来ないようにするためには、どのようなケアをしたら良いのかをご紹介します。

 

 

日焼けをしてしまった時の肌状態

 

 

日焼け後の肌状態は、紫外線の強さや浴びていた時間によっても変わってきます。

 

お肌が敏感で弱い人と、刺激に強く健康的なお肌では日焼けの仕方は変わります。

 

どちらにしても、お肌はかなりの刺激を受けているので良い状態ではなくなりますよね。

 

 

肌が赤くなりヒリヒリする

 

お肌が弱い人にありがちなのが、日焼け後に炎症を起こし、赤くなってヒリヒリと痛みを感じる症状です。

 

長い時間太陽の下にいると、肌質に関係なくお肌は赤くなり、痛みとほてりを感じるようになります。

 

もともと敏感肌でお肌が弱い場合は、ダメージも強く受けてしまうので本当につらい症状かもしれません。

 

たくさんの日光を浴びて皮膚が軽く火傷している状態になるため、赤くなりヒリヒリしてしまうのです。

 

日焼けをして赤くなっても、数日経つとまた元の肌色に戻ります。

 

 

肌が黒くなる

 

お肌が赤くならないまま、黒くなることもあります。

 

曇りや雨の日、また太陽に当たっている時間が短い場合は、赤く火傷のようになることはありません。

 

肌質によっても赤くならずに、すぐに黒くなることもあるでしょう。

 

紫外線対策をしないで過ごしていると、お肌はいつの間にか日焼けをしてしまいます

 

露出している部分だけ、一日で黒くなることもありますし、ジワジワと時間をかけて黒くなることも。

 

日焼けを避けたいと思ったら、曇りの日でも紫外線対策はしっかりとしておきたいですね。

 

 

お肌の奥

 

お肌の表面は、日焼けすると赤くなったり直ぐに黒くなることもあります。

 

数日が経つと元の肌色に戻り、何事もなかったかのようにお肌はキレイになるでしょう。

 

しかし、目に見えない部分でも日焼けによる影響で変化が起こっているのです

 

それは、お肌の奥の部分にあり、肌弾力を保つ真皮という部分になります。

 

コラーゲンやヒアルロン酸などがあり、そのおかげでお肌のハリと弾力は保たれるのです。

 

紫外線は、その真皮の部分に刺激を与え、お肌の弾力を保つ組織を破壊し減少させてしまいます。

 

紫外線を浴び続けていると、お肌にハリが無くなりやすくタルミやすくさせてしまうのです。

 

 

その後お肌はどうなる?

 

女性

 

日焼けをし過ぎて赤くヒリヒリと火傷のようになったり、黒くなることもあります。

 

そのあと、日焼け後のケアや毎日のケアをしないでいると、お肌の老化は進んでしまうという事がわかりますね。

 

その他にも、お肌にはいろいろな肌悩みも現れるようになってしまいます。

 

 

お肌の乾燥による肌悩みまで

 

太陽の光を浴び、日焼けをするとお肌にある水分が減ってきます。

 

また、体の中の水分も減ってしまうため、体力も消耗しやすくなることも考えられます。

 

体全体が水分不足になるため、体の中からも外からも補給することが必要になります。

 

 

日焼けをして水分が奪われ、お肌が乾燥しやすい状態でいると、小じわや肌荒れも起こりやすくなります。

 

くすみやシミの原因にもなるため、お肌には保湿を心がけるようにしたいですね。

 

お肌が荒れてしまうと、さらに老化が進みやすくなってしまいます。

 

 

お肌の老化が進む

 

日焼けをして肌状態が悪くなり、いろいろな肌悩みが現れてくると、老化は進みやすくなっています。

 

いつものスキンケアをしているだけでは足りないという事です。

 

日焼け後のお肌は水分が少なくなり乾燥するため、いろいろな肌悩みの原因にもなります。

 

刺激に弱いお肌になり、シミが出来やすく濃いシワを作り、さらにタルミやすくもなってしまいます。

 

年齢を重ねるごとに、日焼けをした後の肌へのダメージがひどくなり、お肌の老化は進んでしまうという事なのです。

 

 

日焼け後のケアをしないで日々過ごしていると、年齢よりも老けて見えてくるかもしれません。

 

いつも通りのスキンケアだけでは、お肌を改善させることが出来ないばかりか老化を進めてしまいます。

 

当然、肌年齢は実年齢よりも3歳も5歳も上に見えることになってしまうでしょう。

 

 

日焼け後すぐにケアをすると回復する?

 

 

10代や20代のお肌は健康的な状態なので、日焼けをしても時間が経つと見た目は元通りになります。

 

しかし、日焼けしたお肌は確実にダメージを受けています

 

大きな変化は感じられないかもしれませんが、日焼けをするたびに少しずつダメージは蓄積されているのです。

 

30代頃になると、シミは出来やすくシワも出来やすいお肌になっています。

 

紫外線によるお肌へのダメージは、特に意識してケアをしていないと、どんどん老化しやすくなります。

 

 

日焼け後のお肌のケアをしっかりとしていると、お肌は時間をかけてリセットしてくれます。

 

若い年齢であっても、紫外線を浴び続けていると、ダメージによる症状が少しづつ目に見えるようになってきます。

 

シミが現れるようになり、また乾燥しやすいお肌に変化したりなど。

 

 

いくつであっても、しっかりとお肌のケアをし、お肌をいたわりながら過ごしていたいですね。

 

日焼け後のケアはとっても大事!

 

と気付いたら、是非ケアを始めて下さい。

 

日焼けをしてしまっても、丁寧なスキンケアを続けていると、お肌は徐々に美しさを取り戻します。

 

ダメージを受けていた量によっても、お肌がキレイになるまでの期間は違いますが、ぜひ5つのケアを実践して欲しいと思います。

 

 

日焼け後のケア① 毎日美白ケア

 

美容液

 

スキンケアには洗顔と保湿があり、なくてはならないケアです。

 

日焼けをしていない場合は、これだけでも充分なスキンケアのように思われます。

 

しかし、日焼けをしてしまった場合、いつものスキンケアだけでは明らかに足りないのです。

 

 

スキンケアの基礎セットには、美白専用の商品もあります。

 

美容液やパックなど、美白用コスメはたくさんありますね。

 

その効果は、メラニンの生成を抑えながらシミを作らせないようにしてくれます。

 

また代謝を促進させ、剥がれ落ちる古い角質と共にメラニンも排出させやすくもしてくれます。

 

美肌効果が高いため、元々あるシミを薄くすることができるケア商品あります。

 

紫外線は、ほぼ毎日浴びてしまうもの。

 

窓からも入ってきますし、日陰でも紫外線はどんどん入ってきますから。

 

夜だけ外出するわけにもいかないので、朝と夜の自宅でのスキンケアには美白効果のあるものを取り入れるのがおススメです。

 

 

日焼けをしてしまって、お肌が赤くなりヒリヒリと痛みを感じる場合は、すぐに美白化粧品を使うのはやめましょう。

 

お肌の炎症が引いてしまって痛みが無くなるまでは、水で顔を洗い保湿だけをしておくのが良いですね。

 

痛みが回復して赤みが取れてきたら、美白ケアを始めるのが効果的ですね。

 

 

美白の化粧品にはいろいろあり迷うと思うのですが、サンプルなどで試してみながら自分のお肌に合うものを使いましょう

 

おススメ美白ケア商品

「HAKU メラノフォーカスV」

資生堂

引用元;https://www.shiseido.co.jp/haku/

 

 

日焼け後のケア② 専用のケア商品を使おう!

 

ボディローション

 

ケア商品にもいろいろあると思うのですが、中には炎症を抑えながらメラニンの生成も抑えてくれるものがあります。

 

海に行く機会が多い場合や、仕事で外に出ている時間が長いなど、人の生活はいろいろです。

 

太陽にあたる機会が多い場合は、特に日焼けをしやすいので気をつけておきたいですね。

 

日焼けをしてしまったら、必ずしておきたいのが日焼け後のほてりをしずめてくれるケアです。

 

美白成分配合のものとは違い、しっかりと保湿をしてくれて肌が荒れてしまうのを防いでくれる効果があります。

 

お肌に赤みがある時でも使えるので、日焼けをしやすい環境にいる人にとっても必需品ですね。

 

早めに日焼け後のケアをすることで、日焼けしたお肌は早めに回復するでしょう。

 

 

いろいろな商品がある中でも、お肌に合うものを使うようにしましょう。

 

また、炎症がひいてくるまで毎日使えるのかなど、確認をしながら用法用量を守るようにして使いましょうね。

 

お肌がダメージによってデリケートになっている時なので、慎重に使うことも大切ですよ。

 

購入前に腕の内側などに付けてみてみて、赤くなってきたり、その他の違和感がある時はお肌に合わない可能性も。

 

お肌が弱っている時にお肌につけるものは、とにかく慎重に選ぶことも重要ですよね。

 

 

日焼け後のおススメケア商品

「大正製薬 コパトーン アフターサン オイルフリージェル」

引用元;http://www.taisho.co.jp/coppertone/lineup_care/

 

 

日焼け後のケア③ 中からと外からの水分補給

 

水

 

気温が暑い時期は、歩いているだけでも汗がたくさん出てきます。

 

長い時間、暑い日差しを体中に浴びているだけでも体の水分は奪われていきます。

 

当然、お肌の水分も汗と共に奪われていってしまいますよね。

 

もともとお肌にある水分は、汗と一緒に細胞にある水分も蒸発させてしまうのです。

 

そうして、お肌はどんどん乾燥してしまいます。

 

日焼けをしたら、お肌の保湿ケアは特に念入りにする必要があります。

 

体の水分も失われるため、体内にも水分を取り入れなければいけないので、いつも以上に水を飲むようにしましょう。

 

ゴクゴクと一気にたくさん飲む必要はありませんが、いつもよりも多めに、そしてこまめに水分補給を心がけましょう。

 

夏の暑い時期、水分をこまめに飲んでいないと熱中症などの症状が表れ、水分をあまり摂らないことも原因とされています。

 

気温が暑い時期や日焼けをしてしまったら、意識して水分を摂るようにしましょう。

 

水分補給は、お肌にも体の健康にも重要な事のようですね。

 

 

日焼けのケア④ ビタミンA・C・Eをとる

 

レモン

 

美肌を維持するためにも、また健康的な体作りにも欠かせないビタミンは、毎日の食事で積極的に摂りたい栄養素です。

 

ビタミンを意識しながら、食事に取り入れるようにしておきたいですね。

 

ある程度の栄養バランスを考えて食事をしていると、ビタミン不足にはなりません。

 

しかし、食事ではなかなか十分なビタミンの量を摂ることが出来ないこともあるでしょう。

 

ビタミンが取れていないと、お肌と体の健康を維持することが出来なくなります。

 

お肌にはシミが出来やすくなり、綺麗なお肌を維持することも難しくなってしまいます。

 

 

日焼け後のお肌には、特に必要とされる栄養素ですね。

 

日焼け後は、サプリメントなどでもビタミンを補うようにしましょう。

 

 

ビタミンC

 

ビタミンCはメラニンの生成を抑え、日焼けをした後のシミを防ぎ、炎症を抑える効果もあります。

 

ビタミンCの効果には、美白のイメージが強くありますが、それ以外にも美肌効果があります。

 

お肌のハリや弾力を保つコラーゲンの生成を促してくれるのです。

 

また、新陳代謝を促進し、肌細胞の生まれ変わりをスムーズにしてくれます

 

ビタミンCとは、美肌には欠かせない栄養素と言えますね。

 

ビタミンCが多く含まれる主な食材

 

アセロラ・緑茶・キウィフルーツ・いちご・赤ピーマン・芽キャベツ

 

 

ビタミンA

 

ビタミンAの効果には、抗酸化作用やコラーゲンの生成を促進してくれる効果もあります。

 

さらに皮膚粘膜をの健康を保ち、抵抗力を強めてくれるのです。

 

美肌になるためには、欠かせない栄養素と言えますね。

 

ビタミンAが多く含まれる食材

 

うなぎ・人参・モロヘイヤ・パセリ・あおのり

 

 

ビタミンE

 

ビタミンEは抗酸化作用があり、体にも美肌にとっても欠かせない栄養素です。

 

お肌は活性酸素により老化が進みます。

 

また、体の不調も活性酸素によるもの。

 

それらの活性酸素を除去し、体とお肌の健康を保ち、老化しにくくしてくれる効果があるのです。

 

ビタミンEが多く含まれる食材

 

アーモンド・抹茶・大豆・落花生・卵黄

 

 

毎日必要な栄養量を摂取するためには、規則正しい食事を心がける事が大切になります。

 

それでも、必要な栄養をなかなか思うようには摂れない場合もあるでしょう。

 

 

思いがけず日焼けをしてしまったり、毎日紫外線を浴びる時間が長い場合もありますよね。

 

普段の食事では栄養が足りてないと感じていたり。

 

そんな時は、積極的にサプリメントで栄養を補うことがおススメです。

 

日焼け後、ビタミンが不足すると風邪などの抵抗力も弱り、ストレスが溜まりやすくなることも。

 

美肌と健康には、ビタミンを摂ることが重要なポイントでもありますね。

 

ビタミンが多く含まれる食材も参考にしながら、毎日健康的な食事を心がけ、サプリメントで上手に補うようにしましょう。

 

 

日焼けのケア⑤ 紫外線を浴びない

 

紫外線

 

日焼けをしてしまったら、その後は紫外線を浴びないように気をつけましょう。

 

お肌には、もう十分刺激を受けて負担をかけてしまっています。

 

弱っているお肌に更に刺激を与えてしまうと、いくらスキンケアをしたり体にビタミンを与えようとしても追いつかなくなります。

 

 

連日海に遊びに行きたい時や、仕事場が外という場合もあるでしょう。

 

そのようなときも、キチンと対策をして出来るだけ紫外線は浴びないようにします。

 

日焼け止めを必ず塗り、熱い時間帯は外に出ないようにしたり、長そでを着るなどの工夫もしましょう。

 

紫外線のあたり過ぎは体にも良くないので、紫外線を出来るだけ浴びない工夫をすることは、健康のためにも大切な事と言えます。

 

 

日焼けの原因の紫外線とは?

 

太陽

 

紫外線には、お肌の表面に刺激を与え、シミのもととなるメラニンを増殖させる紫外線B波。

 

お肌の弾力を保ってくれている、お肌の奥の真皮部分に刺激を与える紫外線A波があります。

 

B波によってシミを作りやすくし、A波によってお肌にシワやたるみを作るのです。

 

聞いているだけで、紫外線が怖くなってきますね。

 

紫外線にはC波もあり、もともとはオゾン層に吸収され地上には到達しない紫外線でした。

 

しかし、近年のオゾン層の破壊で、地上に降り注いでいる可能性もあります。

 

体にどのような害があるのかは、ハッキリとはしていません。

 

皮膚に異常を与える可能性もあるため、日焼け止めや紫外線を防ぐ対策はしっかりしておきたいですね。

 

紫外線は、暖かい陽気が心地よくなる3月頃から強くなってきます。

 

3月に入ったら、紫外線を出来るだけ浴びないような対策やお肌のケアの準備をしておきたいですね。

 

また、紫外線があまり気にならない寒い時期でも紫外線はあります。

 

いつの時期も意識しておき、お肌への刺激を出来るだけ少なくするように心がけておきたいものです。

 

 

日焼け後のメイク

 

メイク

 

お肌が真っ赤に日焼けをしてしまった場合、メイクをしても良いのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

日焼けで赤くなっているお肌は炎症を起こしている状態で、紫外線の刺激によりお肌は痛んでいます。

 

メイクはお肌を守ることもしてくれますが、日焼け後のお肌にとっては同じ刺激物です。

 

日焼け後は炎症を抑え、お肌をいたわりたい時期なのでメイクは控えましょう。

 

痛みが落ち着いているのであれば、日焼け止めは付けるようにしましょう。

 

お肌が黒くなり、痛みがなくて肌状態も落ち着いているなら、保湿をたっぷりとしたうえでメイクをしても大丈夫です。

 

お肌に負担にならない程度の、軽めのメイクがお肌には良いかもしれませんね。

 

 

日焼けをし過ぎてお肌が赤くなってしまった時は

 

日焼け

 

日焼けをし過ぎてしまうと、お肌のヒリヒリ感は辛いもの。

 

お肌は熱を持っていて、熱さと痛みの症状が出てきます。

 

お肌にほてりがある時は、我慢しないで早めの対応をしましょう。

 

あまりにも日焼けの症状がひどいようなら、皮膚科で専門医に診てもらうのが良いでしょう。

 

また、日焼けによる炎症を抑えたいので、水のシャワーを浴びてお肌を冷やします。

 

氷や冷たい水を含ませたタオルなどで冷やすと、早めに炎症はおさまります

 

炎症によるほてりや痛みが、早めになくなりますよ。

 

 

 

日焼け対策はしっかりと!

 

日焼け

 

夏はもちろん、日焼け止め効果が高めの日焼け止めクリームやメイク品を使います。

 

日焼け止めを付けていても、日中はお肌から汗が出たり毛穴から皮脂が出たりしています。

 

そのため、日焼け止めの効果は薄くなることも

 

メイクをしている時は、状態を見ながらメイク直しを。

 

日焼け止めだけの場合も、汗の出かたなどを見て塗りなおしをすると日焼けはしにくくなります。

 

日傘やUVカットの手袋、帽子なども大いに活用しましょう。

 

特に暑い時期には、紫外線対策はやりすぎ!

 

と思うくらいまでするのが丁度良い場合もあるのです。

 

気温が暑い時期は、出来るだけお肌を露出したくなりますよね。

 

露出は控えめに、長そでのものを着るなどの工夫もしていると、日焼けのし過ぎは避けられますよ。

 

 

お肌にシミを作らないための生活

 

睡眠

 

日焼け後は、お肌のケアをしっかりとして、紫外線対策も充分にしていても肌荒れをしてしまう事があります。

 

シミが出来てしまうこともあるでしょう。

 

紫外線だけが原因ではなく、体がストレスを感じていてもシミは出来やすくなります。

 

何らかのストレスを感じることで、シミのもとであるメラニンが増殖しやすくなるのです。

 

それを避けるためには、スキンケアや紫外線対策と共に、体を充分に休めて精神を安定させることも重要なポイントになります。

 

ストレスを溜めない、体を疲れさせない生活は、綺麗なお肌作りにも役立つのです。

 

 

日焼け後は48時間以内に対応を

 

時計

 

もしもうっかり日焼けをしてしまったら、出来るだけ早めに対処しましょう。

 

48時間以内にケアをしていると、メラニンの増殖がを抑えられてシミを作りにくくしてくれます。

 

また、日焼けによるお肌への悪影響も抑えられますよ。

 

赤くヒリヒリしていない場合は、出来るだけ48時間以内には美白のケアをしたいですね。

 

お肌の痛みがひくまでは、日焼け直後のケアや保湿や水分の補給、そしてしっかりと栄養を摂るようにましょう。

 

出来るだけ日焼けをしない生活も、掛けるようにしましょうね。

 

 

まとめ

 

夏

 

いかがでしたでしょうか?

 

今すぐ始めることが出来る日焼け後のケアと対策、日焼け後に気をつけることなどをご紹介しました。

 

日焼けをし過ぎてしまうと、体に害を及ぼすことがあるため、紫外線が強い時期は特に気をつけなければいけません。

 

しかし、紫外線を浴びることはなかなか避けられないことでもあります。

 

気付かないうちに、日焼けをしていることもあるでしょう。

 

日焼けが気になる時期には、積極的にケアを心がけ、お肌の老化を抑えるようにしましょうね。